全日本紀行INDEXへ

2001年11月 弁天鉱泉

千葉には辛口の温泉がない、とお嘆きの貴兄へ

温泉にうるさい人から、『千葉は鉱泉が多く、加水や循環しているところも多い。 千葉の温泉にわざわざ行く気はしない』と言ったご意見をよく伺う。
これは事実だが、実は千葉県内にも、加熱こそしているものの、加水も循環もしていない温泉は結構存在する。 しかも、硫黄を含有する泉質の温泉も結構あるのだ。
と、書くとずっと前から知っていたかのようであるが、実はこの事は最近知ったのである。
 
その一つが今日ご紹介する、弁天鉱泉である。弁天鉱泉は、富山町にある一軒宿で、 一日4組しかお客をとらない。日帰り入浴も4組のみである。テレビやガイドブックでも、 たまさか紹介されているので、ご存知の人も多いかもしれない。
そのお湯は、朝はエメラルドグリーン、昼は白濁、午後はグレーとなり、 夜は透明に変わるらしい(僕は、昼だけの日帰りで行ったので、白濁の湯にしか入れなかったが)。 昼食は5000円からのコースで、地魚中心。
今回は、その帰りに猫2(ニャンニャン)パラダイスに立ち寄り、 マルハの猫缶のCMに出ている猫たちに会ってきた。

弁天鉱泉

■いつものコース
いつもの、うぐいすラインを通り、富山町へ。その経路は、 僕にとっては定例ルーチンのようなものなので、割愛させていただく。詳細は 2001年03月 館山 (館山〜養老渓谷) を見ていただきたい。
 
■弁天鉱泉
大雨のため、予定より1時間近く遅れて、11時過ぎに到着。
 
[外観]
 
まずお茶など飲んで一休みした後、内湯へ。若干の硫黄臭。千葉の温泉では初めての体験だ。 しかも白濁(若干緑がかっていた)。浴槽自体は小さいが人が少なかったので、なかなか快適。  
その後は露天風呂へ。こちらは温泉ではなくて、びわの薬湯。海に向かって景色が開けており、 非常に気持ちがよい。露天は男女の区分けがないが、かと言って混浴でもない。風呂場の前に、 風呂番のおじさんがいて、この人が、家族やグループの振り分けを行っているのである。但し、 混雑時は時間制で男女に分ける、との事。
 
風呂から上がり、楽しみにしていた昼食。コースは5000円、6000円、7000円があり、 小食の僕らは迷わず5000円(それでもお腹いっぱい)。
地魚の盛り合わせ、有頭海老の天ざるそば、焼き物などなど、あの泉質のお風呂に、個室での休憩、 で、この料理となると、5000円は安いと言わざるを得ない。  
 
[弁天鉱泉の食事]
もちろん、これだけではないです
[弁天鉱泉の食事]
天ざるそば、焼き物、茶碗蒸しなど
 
食後、一休みし、再び外湯と内湯に浸かり、十二分に満足して弁天鉱泉を後にした。 う〜む、いーところを見つけてしまったものである。

猫2パラダイスで、マルハ猫缶の猫たちに会う

■猫2パラダイス
弁天鉱泉から、車でそう遠くないところに猫2パラダイスはあった。 僕は、どちらかと言うと犬派(特に大きい犬が好き)なのだが、猫も嫌いではない。
早速中に入り、まずは猫グッズを見て回る。 しかし、特に大きく目を引くものはなかった(好事家にはたまらないのかもしれないが)。 でも、クレイジーシャツでおなじみ、クリバン・キャットのマウスパッドはちょっと欲しかったかも (残念ながら非売品)。
 
その後は、里親探し中の猫たちのいる部屋へ。
雑種(「日本猫と呼んでください」と言われた)だけでなく洋猫もいる。 人馴れはしているのだが、ご飯前なのでちょっと殺気立った雰囲気。ご飯の後は、 大分落ち着き、写真などを撮ったりした。
最後に、別館へ。ここには、マルハの猫缶のCMに出演しているスター猫たちがおり、 ケージに入れられているが、係りの人に言えば出してもらえる。こちらも人なつこい猫が多い。 さらに奥には、猫と遊べるスペースがあり、マルハ健康缶・病院編の患者・トラさんもここにいた。 猫好きのカミさんも、ここにはかなりご満悦の様子である。 しばらく遊んで帰途に着いた。
 
[猫2パラダイスのニャンコ]
タレントネコは勝手に載せられないと思うので一般ネコ(と思われる)の方から。
気立てのよい美猫
 
※文末の追記もご参照あれ。

鴨川、帰宅

■鴨川で回転寿司
そのまま帰ろうかとも思ったが、鴨川に出て夕食を食べる事にした。途中の道は、 地元のあんちゃん達が峠攻めをしているような道で、灯りのない真っ暗な山道を、 猛スピードで煽られながら、よたりつつ鴨川へ到着。
軽食で済ませようと思い、ココスでタコサラダなど食べたのだが、やはり魚を! と言う話になり、結局、そばの地魚回転寿司『丸藤』へ。普段はとても混んでいる店なのだが、 この日は大雨だった事もあり、並ばずに入れた。
さんま、とびうお、など地魚を食う。とりわけ白子の天ぷら軍艦が非常に美味かった。
 
■帰宅
鴨川を出てR410を北上。久留里までは、またも飛ばし屋モードの車に煽られつつ、 月崎方面に右折し、後はまた、いつものコースを戻って我が家へ辿り着いたのであった。
 
今回は、雨にたたられた事を除けば、これまでの日帰り旅行の中でもベストと言ってよい、 充実したものとなった。温泉好きは是非、弁天鉱泉へ。そして、猫好きは是非、 猫2パラダイスへ訪れて欲しいものである。猫に触れる施設としては、 これまで行った中でも一番よかった気がする。

追記(猫2パラダイス)

■追記(2004年8月)
2004年8月現在、猫2パラダイスにいた猫の殆どは、太海フラワーセンター内の施設 「犬・猫(ワン・にゃん)パラダイス」に移されています。 世界の猫グッズ博物館は引き続き、鋸南町で営業中。
鋸南町にいるのは、里親探しの猫達と療養中のタレント猫。 里親探しも相変わらず (=捨て猫が絶えない)にて、ご協力お願いします、との事でした。
 
世界の猫グッズ博物館
太海フラワー磯釣センター
 
※ワンにゃんパラダイス目当てでフラワーセンターに行く人は1500円のセット券を買わないと割高になります。

このページの先頭へ
全日本紀行INDEXへ