全日本紀行INDEXへ

2006年06月 福島

福島日帰り旅へ

■車でどこか行きたい病
以前、MOCOを購入してから、軽に起因するアレコレにて、車でどこかに出かける事が少なくなってしまった、とブログに書いた。
 
で、今年、NOTEに買い換えたら、「車でどこか行きたい病」を重度に罹病。
 
土曜の深夜に思い立ち、紫のハイウェイかっ飛んで(適正な速度でなw)、サービスエリアでジャンクな深夜食などの仕儀に及ぶもしばしば。
そのすべてをブログやここに書き連ねるつもりはないが、比較的、旅の風情があった日帰り福島行の事を書こうと思う。

東北道のサービスエリアをはしご

■宇都宮餃子
限りなく深夜に近い早朝、自宅を出て、外環→東北道→佐野SA。少し仮眠。
このまま佐野SA名物の朝食バイキングが開くのを待ってもよかったが、時間がもったいないので、次の上河内SAに駒を進める。
(サービスエリア好き)
 
佐野よりも上河内の方が山深い感じでいい。ここで再度仮眠し、宇都宮餃子広場が開くのを待って、宇都宮餃子を2皿。
このSAでは、10数店舗(だったか)の中から、変わりべんたんで5店舗の味が楽しめるのだ。
 
[宇都宮餃子]
夢餃子と飯城園
[道の駅たじま]
にいた、オオミズアオ。美しか〜

塩原経由で福島(塔のへつり・大内宿)

■塔のへつり・大内宿
西那須野塩原ICを降り、R400→R121を塩原経由で北上。
 
延々と続く緑濃い山道。四国八十八ヶ所に於ける大泉さんのセリフ 「きれいな景色には事欠かないんだよ」を思い出す。
途中、道の駅「たじま」で数10年振りにオオミズアオ発見。激撮。
 
塔のへつりが近くなった辺りからナビの示す道がどうもおかしい。 とんでもない細道を迷走後、やうやう塔のへつりに到着。
 
ここは赤ん坊の頃に行ったきりで、まったく記憶にない。
結構期待していたのだが、 意外と小さいものだった。しかも橋梁工事中で下に降りれずガッカリ。
 
[塔のへつり]
工事中
[大内宿]
タイムスリップ感、結構あり
 
塔のへつりを早々に切り上げ、こちらはお初の大内宿へ。
ここは結構よかった。
何と言いますか、「ミニ白川郷」と「ミニ日光江戸村(と言うほどは俗っぽくない)」 どちらの風情も感じられ、しかも周りにはホンットに何もない。
隔絶感と言うか隔世感が凄い。

白河(白河ラーメン・きつねうち温泉)

■白河ラーメン・とら食堂
大内宿を出て、今回の主目的のひとつ、とら食堂へ。
昼の営業時間内に着けるか危うい感じだったが、 どうにか行列の最後尾に間に合う。
 
[とら食堂]
もっと町中かと思ったら思いの外、郊外
[とら食堂]
焼豚に隠れているがワンタン、絶でげす
 
■きつねうち温泉
今、帰れば割と早い時間に家に着きそうだが、寝不足もあり、汗をかいたのもあり、 と言う事で、立ち寄りの郊外型温泉施設へ。
いかにも加水・循環ありの塩素泉?などと泉質に文句を付けながらも、 この手の施設に行ってしまうのは、寝っ転がって休憩したいからである。
値段は大小タオルと浴衣が付いて850円と良心的。(1時間30分なら350円)
一風呂の後、暗くなるまで激寝。
 
■帰り道
帰りは白河ICから東北道に乗り、那須高原SAで三万石の 「ままどおる」と「エキソンパイ」購入。
ままどおるは東北物産展などではお馴染み。エキソンパイは初めて。これ、美味いです。
 
そして最近の定番、「東北道の帰りは佐野あたりで降りて下道」。
佐野市街に入ってイタ飯(すっげー普通)を摂取後、ヘロヘロと帰った。 非常に疲れたが、まあまあ、楽しめるドライブではあった。

このページの先頭へ
全日本紀行INDEXへ