全日本紀行INDEXへ

2006年05月 沖縄

初・沖縄

■初めての沖縄
ボクは沖縄料理好きだが、これまで沖縄に行った事はなかった。
そろそろ、いい頃合ではないか(何がだ?)、と言う事で、 ゴールデンウィークに初めての沖縄旅行に。
 
今回は様子見、かつ、買って間もない新車でドライブもしたかったので、 日程は控え目の那覇2泊。

1日目(那覇)

■出発
羽田で、前回の九州旅行の時に食べた銀座「にし邑」 の絶品ヒレかつサンドを探すも発見できず適当なものを食べる。
(食事の後で発見。残念)
 
[平打ちとんかつ弁当]
不味くはない
[羽田弁当]
まあ、美味いと言えない事もなし
 
昼は、まい泉のかつサンド(またカツかよ)と万世のハンバーグサンド。
 
■那覇
那覇空港からは、ゆいレールで牧志へ。
まずはロイヤルオリオンに投宿。オリオンビール系列のシティホテルである。普通。
 
一休みの後、シャトルに乗って、DFSギャラリアで買い物。
ここで買った中で出色は服飾関連ではなく、Jimmy's(ジミー)のスーパークッキー。 レーズンやナッツ、チョコチップがゴロゴロ入っている。
やばい、美味すぎるコレ。(山本KID風)
 
■レンタカー予約は早めに!
ホテルに戻り、レンタカーの受け取り。
 
今回、ゴールデンウィークと言う事もあり、 一ケ月前あたりにレンタカー予約を試みたのだが、全滅だった。
 
やむなく、わずかに残った1tトラックを予約w
カミさんはシャレがわかる、と言うか、トラックの乗り心地は嫌じゃないと言う事で、 「ネタとしては面白いんでないの」などと呑気なものだ。
 
その後、ふと思い立ち、ホテルに連絡すると、ホテルの取り分は空きがあるとの返事。
即、トラックは解約し、ホテルで予約しなおした。
 
と言う、艱難辛苦を乗り越えてゲットした車種はCUBE。
明日はこれで美ら海水族館に行くのだ。
 
[スーパークッキー]
これは美味いね
[大東そば 花笠店]
大東寿司そばセットは1000円
 
夜は国際通りの裏手にある「大東そば 花笠店」へ。
 
大東そばと大東寿司のセット。 大東そばは普通の沖縄そばとはかなり違う感じのもちもちっとした歯ごたえで九州のだんご汁のような味わい。 三枚肉はイマイチだったかな。
大東寿司はサワラやマグロのヅケ寿司で、今回はサワラ。
美味い、美味すぎる。(十万石饅頭インスパイヤ←既に死語)  
その他の定食も安くて美味そうだった。

2日目(那覇・美ら海水族館)

■沖縄自動車道
那覇は国際通りの渋滞緩和のため、厳しめの交通規制がある。 幸い、ロイヤルオリオンは国際通りの外れ。特に問題もなく高速に乗れた。
 
[伊芸SAにて]
苦労の末ゲットしたCUBE
[伊芸SAにて]
ロイヤルオリオンの朝食弁当
おかずにパイナップルの移り香がw
 
日本最南端のサービスエリア伊芸で、 チェックイン時に頼んでおいたホテルの朝食弁当を食べた後、 許田ICで高速を降り、沖縄ではお馴染みのファストフード店 「A&W」へ(地元では「エンダー」と呼ぶ)。
 
ここで昼食用にと、アレコレ、テイクアウトしたわけだが、それだけが目的ではない。
オフィシャルグッズを買いたくてわざわざ立ち寄ったのだ。帽子とTシャツ購入。 帽子は木村拓哉でお馴染み。Tシャツはお笑いコンビのきゃんきゃんでお馴染み。
(なのか?)
 
[A&W名護店]
ガソリンスタンドみたいなドライブイン形式
[A&W名護店]
空港店では買えないデザイン
(プチ自慢)
 
■美ら海水族館
名護からしばらく走り、美ら海水族館に到着。
いやいや、こりゃ水族館好きにはたまらないですな。 お薦めは数あれど、やはり3匹のジンベイザメ(ややもすると3頭と書いてしまいそう) がいる7500トンの大水槽「黒潮の海」にトドメを刺すでしょう。
 
[美ら海水族館]
同じ水槽にコブシメもいたけど、こっちの方がキレイに撮れた
[美ら海水族館]
伝わらないだろうねえ、これじゃ
[美ら海水族館]
絶対伝わらない
[美ら海水族館]
夢の中の景色みたいだったな。
あ、アレだ。イブ・タンギー
[美ら海水族館]
何かしんないけど縁にへばり付いてる人達
[美ら海水族館]
何かしんないけど縁にへばり付いてる人達
[エメラルドビーチ]
人工ビーチです
[エメラルドビーチ]
水族館から遠望するエメラルドビーチ。
手前は人工ではないけど遊泳禁止
 
エメラルドビーチでエンダーのハンバーガーなど食べた後、再入館 (出る時に手の甲にスタンプを押してもらう)し、「黒潮の海」を再度、堪能。 目に焼き付けてから、美ら海を後にした。
寄り道しつつホテルに戻り、車を返して一休みの後、夜は「うりずん」へ。
 
■うりずん
うりずんの最寄り駅は安里(あさと)だが、ホテルから、それほど遠くない。歩いて行く。
予約時間まで間があったので、安里駅前の24時間営業のスーパー「栄町りうぼう」 で時間つぶし。
 
「うりずん」は何となく、大分の「こつこつ庵」の雰囲気。
デジカメのバッテリが切れて、仕方なくケータイで撮ったら、何が何やら、 オリオンビールと古酒(クース)以外に何を食したかイマイチわからなくなってしまった。
レシートによれば、ヒラヤーチ、魚の天ぷらゴーヤの天ぷら、ソーキ塩焼き、どぅる天、 シメにセーファン (「菜飯」。九州の鶏飯みたいなもの。因みに「ケーファン」はそのまま「鶏飯」である) などを食っていたようだ。
美味かった。それは間違いのないところだ。

3日目(帰宅)

■国際通りストラット
朝食(洋食バイキングを選択)後、遅めにチェックアウトしてから、 ゆいレールの一日乗車券を購入。一度、那覇空港まで行き、座席予約&荷物を置いておく。
あまり腹は減っていなかったが、空港で「グルクンうに焼き弁当」を購入。
再び、ゆいレールで、市街に戻り、沖縄県庁前で下車。
 
[グルクンうに焼き弁当]
限定15個の空弁
(限定に弱い)
[グルクンうに焼き弁当]
グルクンうに焼きをメインに海ぶどう、アーサ天ぷら、ゴーヤー漬け、紅芋天ぷら。
まあまあ。
[国際通り]
またベタな。
ツッコミを入れてるのかと思ったら、「彼です」 と言っているのだそうな
[ゆいレール]
沖縄初心者からすると、これがないと那覇はつらいな
[公設市場]
グラサン豚は撮ってません。
色はアレでも魚は美味いね
[国際通り]
ブルーシールにて
 
国際通りをそぞろ歩いて、公設市場へ。
ここで昼食。 例の「市場で買った魚を2階の食堂で調理してもらう」って奴をやってみる。
魚は美味いが、あまりのオキナワンタイムっぷりにやられたw
その後、ブルーシールに寄って、何となく牧志ではなく、美栄橋から ゆいレールに乗り、空港へ戻る。
 
■帰宅
帰りの飛行機は若干の遅れあり。さらに機体が古くて、荷物が入らず。 後ろの方にまとめて山積みにされる。
 
羽田に若干遅れのまま到着。
エアポートリムジンには十分間に合った。いつもの経路で帰宅。
 
そう言えば旅の途上、謎の鼻水に悩まされた。この花粉症もどきはヤマトに戻ったら、 すぐ直ったが、アレは何だったんだ?
 
ともあれ、初めての沖縄。概ね、楽しかった。
もちろんこれはまだ、ほんの「とば口」に立ったに過ぎまい。 今度行くとしたら、もう少し「海寄り」「島寄り」か?
(でも、多分、次はまた九州に戻るような気がするなあ)

このページの先頭へ
全日本紀行INDEXへ