全日本紀行INDEXへ

2005年06月 津南

今ひとつ充実感に欠けたちょっとした休日@津南

「旅行には行ったものの、印象が薄いので、旅行記にしていなかったのだが、 デジカメ写真の整理をしていて、何となく書いてみようと思ったのだ」シリーズ。
っちゅうか、この時はデジカメさえ持って行かなかったのだが。

1日目(津南・泊)

■津南
全く意味なく、津南。
新宿から直通バスのプラン。塩沢石打I.C.を降りた後は、 どんどん山深い方へと分け入って行く。
この辺は、豪雪地帯なので、家の作りが普通と違う感じ。何となく山岸凉子の 「タイムスリップ」に出て来た「あの」建物を思い起こさせ、不思議な旅情を感じる。
 
12時過ぎに着いたのだが、サービスでアーリーチェックイン。 部屋はキレイでバストイレ付き。 こう言うちょっとした点で、独自の努力の跡を感じる事ができた。
と言うのも「グリーンピア津南」は、年金保養基地としては数少ない (唯一だったかな?)黒字経営。
まあ、この施設の成り立ちについては、国民としてはいろいろあるわけだが、 あまり深く考えない事とする。
 
とりあえず、1日目は付近をサイクリング。期待した涼しさは皆無。 ひたすら疲れた。
しかし、全く期待していなかった夕食のバイキングは思いの外、食べれた。 ここでも努力の跡を感じる。
 
[グリーンピア津南]
思いの外、大きな施設
[グリーンピア津南]
だからって「大規模」て…

2日目(津南→帰宅)

■帰宅
チェックアウトした後も、宿泊者はロッカーが無料。これもまた努力だね。
さて、この後だが、実に時間を持て余した。 車なら秋山郷とか足を伸ばしてみるところだ。 しかし、バス直通ツアーなので、 どこにも行けないのだ。って言うか、 どっか行くようところも、周りにないし。 スポーツ好きな人はいいかもしれないが、夫婦そろって体を動かさない我々は、 ローラーリュージュなどやってみるしかないのだ。(面白かったけど)
 
[どっこん水]
どう言う意味だ
 
新宿に戻った後、アイリッシュパブにでも行って、フィッシュアンドチップスでギネス、 などと思ったのだが、結局サブウェイのサンドイッチを食べて帰ったのだった。
以上なのだった!(短かっ!)

このページの先頭へ
全日本紀行INDEXへ