全日本紀行INDEXへ

2005年03月 大分

九州一泊小旅行

ここ数年、九州づいているわけだが、次は、阿蘇や宮崎を中心に攻めたい。
となると、やはり、心残りとなっている別府の砂湯や、大分の「こつこつ庵」の再訪とかをやっておきたいもの。
と言う事で、忙しい上に、リリース後のトレースが週末に集中する中、まことに心苦しくも休暇を取り、一泊小旅行。
因みに写真はほとんど撮っていない。  

1日目(別府→大分・泊)

■羽田空港
早朝に家を出て羽田空港へ。
ここで朝飯に食べたのが、「銀座にし邑ヒレカツサンド」。
ブログにも書いたのだが、これで700円は大勉強でしょう。 銀座のお店の方の定食800円、と言うのも食べてみたいのだが、平日しか営業していない、と言うのが痛いところである。
 
■別府・着
別府駅の「いなたい」感じの、みやげ屋街がリニューアルして、いかにも今風なショッピングモールになっていた。
「消え往く昭和」と言う気分。
昼食は「くるくる寿司亀正」と言うところで食べたのだが、特にコメントなし。
 
■鉄輪温泉
立ち寄りで「ひょうたん温泉」へ。
鉄輪温泉は普通の住宅街だが、あちこちから湯煙がモンモンと。
打たせ湯で紋々しょった人々に囲まれる。特にトラブルなし。
駅へ戻るバスを待つ間、鉄輪豚まん本舗の豚まんを購入。 豚まんと言うよりは、八宝菜まんって感じなのだが、ピリ辛でうまい。
 
[鉄輪温泉]
「湯煙団地」と云った風情
 
■大分・着
別府から大分へは電車で移動。しばし宮脇俊三気分。
大分は都会ではあるけれども、そこここに「いなたい」感じ。ここにも「消え往く昭和」が。みたいな。
宿は「大分東洋ホテル」。B&B(not「もみじ饅頭〜」)なので格安である。
 
[大分東洋ホテル]
結構きれいな部屋。
ま、シティホテルだからね
 
■大分・着
夜は「こつこつ庵」へ。これが今回の旅行の主たる目的。
http://www.coara.or.jp/~kotukotu/
ここはね、去年も書いたけど美味いよ。食べたのは、殆ど去年と同じものなので写真は去年と同じ。省エネ。
今回は車でないので、お酒も聞こし召し、ホテルへの帰り道には「竹下のブラックモンブラン」を酔い冷ましに食べつつそぞろ歩き。大分ストラット。
 
[馬刺し]
とろける〜
[琉球(りゅうきゅう)]
九州独特のヅケ。関サバと関アジ。タレがご飯にナレた感じが、もっサイコッ!
[とり天定食]
ほっこりサクサクふんわりジューシー。
小鉢も何気にうまかった。
写真に写ってないけど、味噌汁と漬物付き
[だんご汁]
カミさん曰く「麺が刀削麺みたいで美味い」
中盤で、かぼすを絞り込むと、また味が変わってよい

2日目(大分→帰宅)

■竹瓦温泉
再び、宮脇俊三しつつ別府。
去年、砂湯に入れなかった竹瓦温泉へ。 カミさんは、これで3度目の正直。
結論から言うと、改装できれいにはなったけど、何か薄ら寒い。 気分の問題ではなくて、砂の重みや熱さがイマイチで、物理的に寒い。
若干、遅きに失した感。夏ならよかったかも。
 
■乱気流を呼ぶ男
昼は別府のビリケンと言う店。特にコメントなし。
その後、大分空港へ。ここも何げにリニューアル。
ところで、去年の帰りもそうだったのだが、今年の帰りも揺れに揺れた!
死に体で羽田着。
羽田空港第2ターミナルに足を伸ばし、ドン・サバティーニで夕食。 普通に美味い。
 
■帰宅
後は毎度同じ、エアポートリムジン⇒亀有⇒自宅。
 
今回は、旅情は殆ど無し。でも「こつこつ庵」に行けたからいいのだ。 (さすがに九州で一泊旅行はキツかったが)
 
とりあえず、今後の九州旅行は、阿蘇・宮崎方面へ舞台を移していくであろう事が予想される。
南阿蘇や高千穂峡のような定番ももちろんだが、どうでしょう班御用達の綾温泉や、豊後竹田、と云った渋い場所にも足を伸ばしてみたい事であるよ。

このページの先頭へ
全日本紀行INDEXへ