全日本紀行INDEXへ

2004年09月 湯布院

九州再訪

■再び湯布院モールへ。そして阿蘇へ。
今年の夏休みは、迷う事なく九州再訪に決めた。
宿は去年と同じく「湯布院モール」に連泊。 そして去年と違うのは、やまなみハイウェイに乗って阿蘇に遊び、 帰りしなには大分「こつこつ庵」にて美味しいモノ食っちった。
今年も殆ど食い物の写真ばっかだ。 (阿蘇は撮りまくったけど、素人写真では表現しきれませんわ)  

1日目(別府→湯布院・泊)

■羽田空港
早朝に家を出て羽田空港へ。
ロイヤル・デリで、 いかにも「iHop や エッグス&シングス(エッグスンシングス) で朝食を食べる事を好みそうな人達向け朝食」を取る。 (去年と同じ文面。省エネモード(笑))
搭乗手続きに手間取って危うく乗り遅れそうになり焦った。羽田大改修で改善されたのだろうか?
 
[ロイヤルデリ]
ワシらに取っては、これ系の食事って旅気分を盛り上げるモノなんですねぇ
(去年と同じ文面(r
[ロイヤルデリ]
ま、ちょと割高感ありますけどね
(去年と同(r
 
■別府・着
去年はレンタカーを借りる関係で別府国際観光港で降りたが、今年は駅付近のみなので、 別府駅に荷物を置き、ぶらぶらと散策。トキハ(九州ローカルの百貨店)とか見て歩く。
 
[駅前高等温泉]
竹瓦温泉の外観も渋いが、ここもなかなか
 
■竹瓦温泉
去年は入湯しなかった竹瓦温泉へ。
昼時なので、まずは向かいのカフェTAKEYAに行き、これも去年、 後ろ髪を引かれつつ食べなかった、おにぎりセットを食べる。 結構美味しかったり。
 
[TAKEYA]
おにぎりセット
[TAKEYA]
だんご汁セット
 
時間をおいて、竹瓦温泉へ。
しかし、ああ何たる事か。砂風呂改修工事中。已む無く普通の風呂に。 中々の風情だが、とにかく熱い!
 
[竹瓦温泉]
相変わらず渋い外観
[竹瓦温泉]
憎い!
 
■大分駅から湯布院へ
駅に戻り、去年と同じ亀の井バスで湯布院へ向かう。
今年は天気に恵まれたので、途中の景色もじっくり見れた。
駅レンで車を借り、そのまま湯布院モールに行ったような気もするし、 一度、駅まで迎えにきてもらい、その後、車を取りに行ったような気もするし、 覚えていない。
 
[由布院駅]
去年は改装中で寒冷紗(かんれいしゃ)が掛かっていた
[湯布院モール]
去年はいなかったワンコ
 
■湯布院モール
宿で一服した後、夕食。
今年も、この宿のホスピタリティにお見舞いされた。
湯布院 欧風旅館 湯布院モール
 
[先付けとお造り]
馬刺し(ウマー!)
きのこ、ほや、かにの菊和え
うに ごま豆腐
[甘鯛の丹波焼き]
栗がくっついてるんです
[牛と地鶏の変わり焼き]
[鯛のあら炊き]
[みの巻き揚げ]
[たこのカルパッチョ]
[ご飯]
[デザート]
 
去年の2泊とは、また違うメニュー。さすが。
温泉の方も、去年より満喫できた気がする。 あ、そう言えば、頭を洗って部屋に戻る途中、カエルが頭に飛んできやがり、 また頭を洗う羽目になった。確か去年も頭洗った後に、蜘蛛の巣がベッタリ付いて、 頭を2回洗ったんだったよなあ。
翌日を考えて早めに就寝。  

2日目(湯布院→阿蘇→湯布院・泊)

■阿蘇へ!
グッジョブな朝食の後、レンタカー(今年はトヨタのパッソ)で、やまなみハイウェイ方面へ。
 
[湯布院モール朝食1日目]
陶板はハムエッグ。これにざる豆腐とフルーツ付き
[湯布院モール朝食1日目]
 
■やまなみハイウェイ
天気もよく、パッソは乗りやすく、やまなみハイウェイは気持ちよく、景色は雄大。 ほんっとに最高! 写真も沢山撮ったのだが、はっきり言って自分の腕前では余りにも伝わらなさ過ぎで、 隔靴掻痒。 って事で写真はこれだけ。
 
[パッソ]
乗りやすい
[やまなみハイウェイ]
必ずガイドブックに載っている景色(長者原近辺)
[大観望]
[大観望]
 
■池山水源
竹瓦温泉に続いて残念だったのがここ。
名水苑と言うお店の「あか牛茶漬け定食」「あか牛煮込み定食」 と言うのを目的に行ったのだが、作っていた人が亡くなってしまい、 今や幻のメニューとなってしまったのだ。 値段の割にかなり手間隙のかかる料理で、誰でもできる、 と言うものではないらしい。
他の人も、皆さん「あか牛茶漬け」がないのか、聞いている。 已む無く別のモノを頼んだが、これがもー、ちょーフツー! 竹瓦の方は、改修が終わればまた行けるけど、こればっかりは、 作った当人がこの世にいないんだから、もうどうしょうもないですな。 残念です。
 
道の駅でお土産を買ったり、寄り道をしながら宿へ戻った。 荷物を置いた後、駅レンに車を返しに行く。
 
■湯布院モールの夕食Part2
ここへ来てようやく、去年の初日と同じパターンになったって感じ。 実に、実に素晴らしい。
 
[先付けとお造り]
かにのわさびのり
つぶ貝とびこ和え
ロブスターとびこ寄せ
お造り
(かんぱち、たい、ほたて、うに)
[豊後牛と地鶏の炭火焼き]
[抹茶蒸し]
[青パパイヤとオクラと生だこの和えもの]
[ご飯、吸い物、香の物]
[ゆずシャーベット]
 

3日目(湯布院→大分→帰宅)

■久大本線で大分
グッジョブな朝食後、チェックアウトして由布院駅へ。途中、去年から気になっていた、 おはぎの「小松屋」で、おはぎを食べる。美味しい。おはぎの専門店と言うのは珍しい。 もっと空腹の時に食べたかった。
 
[湯布院モール朝食2日目]
これに豆腐とフルーツ
 
久大本線で大分へ向かう。 時間的に「ゆふいんの森」は無理だったものの、ちょっと宮脇俊三気分。
湯平辺りもよかったが、霧雨に煙る小野屋〜鬼瀬間の景色は中々。
 
■大分「こつこつ庵」で美味しい昼食
去年買って気に入った菊家のお菓子をお土産に買い、その後、 お昼を食べに、ジャズの流れる郷土料理の店「こつこつ庵」へ。 (http://www.coara.or.jp/~kotukotu/
ここはね、美味いよ。
 
[こつこつ庵]
外観
[琉球(りゅうきゅう)]
九州独特のヅケ。関サバと関アジ。タレがご飯にナレた感じが、もっサイコッ!
[とり天定食]
ほっこりサクサクふんわりジューシー。
小鉢も何気にうまかった。
写真に写ってないけど、味噌汁と漬物付き
[だんご汁]
カミさん曰く「麺が刀削麺みたいで美味い」
中盤で、かぼすを絞り込むと、また味が変わってよい
 
■大分空港へ
エアライナーで大分空港へ。
 
■帰宅
空港でお土産を物色し、竹田の姫だるま等を購入。 ほぼ定刻どおり、九州を後にした。
今回の旅行は比較的天気に恵まれていたが、帰りの天気は荒れに荒れ、飛行機は揺れまくり、 マジで怖かった。
ほうほうの体で羽田着。去年と同じく、エアポートリムジンで亀有へ。 勝手知ったる千代田線で我が家へ到着。
 
今回の旅行も、去年と同様、本当に食べ物にハズレがなかった。(あか牛茶漬けを除く)
去年の印象は、間違いではなかった。 今こそ断言しよう。
 
「九州は食いモンが美味い!」
 
次回は南阿蘇方面を中心に攻め、そして大分の夜は「こつこつ庵」で、 美味しいモノいっぱい食っちまうのだ。決定なのだ。
 

このページの先頭へ
全日本紀行INDEXへ