全日本紀行INDEXへ

2003年03月 鋸山

新車購入。慣らしは何処へ?

10年選手の ぽんこつアベニールに別れを告げ、ニッサン初の軽 (中身はスズキのOEMだが)、モコを買った。
「小さい車じゃないと運転できない」 ペーパーのカミさんに何とか運転させたい僕と、 維持費を抑えたいカミさんの利害の一致の結果である。
これまでの車歴で、1300→1500→2000と排気量を上げてきて、 軽を軽んじてきた(シャレかよ)僕であるが、この車は凄くいい! ここ10年の買い物の中ではトップレベルの満足度である。 で、慣らしは何処へ行こうか、などと言っている時に。。。
 
■「ばんや」を知る
保田漁港(千葉の鋸南町)にある「ばんや」と言う食事処を、 地元のケーブルTVで紹介していた。
漁協直営などと謳っていながら、結構「ん?」 と思うような店も散見される中、 調べてみると、ここ「ばんや」の評判は悪くないようである。
ここでご飯を食べて、鋸山へ登って大仏を見て、 岩婦温泉に行ってみようと言う話になった。
 
■遂に定例ルーチンの仕様を改定!
これまでも述べてきたとおり、上総方面に行く時は鎌取から、 うぐいすラインを抜ける事にしているが、 多少なりとも旅情を盛り上げるために、 幹線を避けて、鎌取までは、16号をまたいでバイパス、 要は遠回りをしていた。
しかし、これも最近は倦んできたので、今回は、 この退屈なルートに変化を持たせる意味で、 16号を普通に南下、村上で16号から外れ、 佐倉市から千葉市街の東側をバイパスして鎌取に至るルートを開拓。 と言うか、かつてはよく通っていた道ではある。
この副産物として、ハワイアンレストラン「ワイキキ」と、 敷地6千坪のレンタル&リサイクルショップ「千葉北鑑定団」を発見。

保田漁港

■ばんや
11時半前に到着。
入った時点ではあまり人がいなかったが、あっと言う間に満席になった。 ここは、9カン+味噌汁で850円の「朝獲れ寿司」 と言うのが有名らしい。それと、 金目のあら煮600円、イカのかき揚げ600円などを頼んだ。
ネタは抜群。かなりいい線かと。ただし握りはロボットなので 「鮨食い」な人は、ダメかな。金目のあら煮、イカのかき揚げもうまい。 あら煮は残したものをパックに入れてもらい、翌朝のおかずになった。
どちらかと言うと、朝獲れ寿司よりも、あら煮の方が満足度高し。 刺身とご飯+味噌汁にあら煮を付けて、ってのがベストオーダーな気がする。 次回はそうしよう。
 
[ばんや]
外観
[ばんや]
あっと言う間に満席
[朝摂れ寿司] [いかのかき揚げ]
うまい
[金目のあら煮]
これはうまい!600円で山盛り
 
 

鋸山

有料道路で料金を払い、車でまず山頂近くの駐車場まで行き、そこで拝観料を払う。
まずは「百尺観音」。んー、でかい。 そして、3月にしては暖かい日だったのだが、ここは寒い。 夏でも涼しそうだ。
次は山頂へ。 有名な「地獄のぞき」でビビリまくる。
ここから、かなりの距離を歩いて大仏のある日本寺へ。
坐像としては日本一(東洋一だったか?)の薬師如来を拝み、 一休みの後、 下ってきた道をゲンナリしながら山頂へ戻る。
 
 
[百尺観音]
の前に立つ僕
[地獄のぞき]
の上に立つカミさん
[日本寺大仏]
正しくは「薬師瑠璃光如来」
 

岩婦温泉、帰宅

■岩婦温泉
本当は、猫2パラダイスに行こうと思っていたのだが、 鋸山で結構疲れてしまったので、 そのまま伏姫ゆかりの岩婦温泉へ。
硫黄臭は一応あり。 でも、まあ、ここは取り立てて書く事もないかなぁ。 ややホスピタリティに欠ける感が。。。
 
[岩婦湖]
って言うか沼です。
岩婦館より対岸の岩婦荘を望む。
こうして見ると「ここ、どこよ」ってな風情ですな
[岩婦館のワンコ]
ずっと寝くたれてました
 
■千葉北鑑定団
帰り道、巨大オートバックス(16号沿いのではなくて、 四街道駅近くにある千葉市の方)にトイレ休憩を兼ねて立ち寄った。
その隣に、倉庫タイプの大きなレンタル&リサイクルショップがあり、 入ってみる事に。
ここは、6千坪の広さを誇る「千葉北鑑定団」。 後で調べてわかったが、オフ会もよく開かれるらしい。
古マンガの品筋が BOOK-OFF などとは随分違っていて、 僕的には面白い。
以降、房総日帰り旅の締めには、ここに立ち寄るようになるのであった。
 
■ワイキキ
往路にて、八千代市の16号沿いに「ワイキキ」なる店を見かけたので、 帰り道に確認。ハワイ料理を中心としたカジュアルなレストランで、 表に、かがり火の灯された店の外観は、まぁさぁに! ハワイの風情。
その日は寄らなかったが、その後、数回行ったので、 別の機会に書きたいと思う。

このページの先頭へ
全日本紀行INDEXへ