全日本紀行INDEXへ

1999年09月 ハワイ

初めてのハワイ

1999年の秋、1年遅れの新婚旅行でハワイに行った。
海外は、学生の時に行ったインド(とネパールとタイ)と社員旅行で行ったグァム以来、今回で3回目。 カミさんは初めての洋行だ。最後のグアム行きから10年近く経っているので、 僕的にも非常に楽しみにしていたのである。
行程は5泊7日(内3泊マウイ)。

1日目(マウイ泊)

■成田空港
電車で行くつもりだったが、両親が車で送ってくれた(と言っても自分で運転して行ったのだが)。 空港内で食事をして、両親と別れ、手続きを済ませた後、 シャワーなど浴びたりしてしばらく時間を潰し、機上の人となる。
 
■マウイ島・着
ホノルル国際空港でノースウェストからハワイ航空に乗り換えマウイへ。
飛行機が思いのほか小さいので、やや不安を覚えるが無事マウイに到着。
カフルイ空港に降り立つと、オアフとは違う、何となく鄙びた空気が漂ってくる。 僕は、こういうのが好きなのだ。マウイ泊を多くしたのも、そのためである。
空港からバスに乗りカアフマヌ・ショッピングセンターへ。旅行会社のガイダンスを受け、 その後はフリーだ。
もらったランチクーポンで、ハワイアン・プレートに挑戦。テリヤキ丼、 グリルド・マヒマヒなどを食べる。量が多い。
ショッピングセンターを一通り回った後、シャトルバスでカアナパリへ。
 
■ハイアット・リージェンシー・マウイ
今回、ウェスティンとハイアットのどちらにするか迷ったが、『ウェスティンは日本人が多い』 とガイドブックにあったのでハイアットにした。
吹抜けのアトリウムがジャングルの様になっていて、ミニ・テーマパークの風情だが、 トゥーマッチではない。 部屋は一応オーシャンビューで、派手だが落ち着いた感じが不思議な印象の調度。
夜はチーズバーガーと牛肉トルティーヤ包み、スープ、サラダなど軽いもの(でもないか) をルームサービスで頼んだ。

2日目(マウイ泊)

■ナショナル・カーレンタル
この日は、レンタカーを借りる予定。予約は日本で済ませてあるので送迎車でナショナルのオフィスへ。
予約自体はニッポンレンタカーなのだが、 この時点でマウイにはニッポンレンタカーの支店がないため、こういう事になっている。 さとうきび列車の線路沿いに北上し10分弱でオフィスに到着。
予想と違って、オフィス内には日本語の表記はなく、日本語が喋れるスタッフもいない。 『一番小さいの』を頼んだのだが、そこにある一番小さい車は赤のポンティアックで、 小柄な僕には十分デカいのであった。どうも日本人観光客を当て込んだ感じではない。 この辺で車を借りる日本人は多いのだろうか。担当スタッフに聞いてみた。
 
「我々ニポポジンここで車借りるですみだ、多かろう少なかろうでございましたですちんくと?」 (彼にはこのように聞こえたはずである)
 
答えは「そんなにいない」との事。 やはり、マウイ慣れした人は空港前で即借りてしまうのだろう。
グァム以来ひさしぶりの左ハンドル右通行にやや緊張しつつホテルに戻り、カミさんを拾う。
 
■海辺でお弁当
州道30を南下してしばらく走ると、海沿いに、よさげなテーブル&ベンチ(あちこちで見かけた) があったので、ここでブランチにした。前日に頼んでおいたバスケットのお弁当 (ターキー、スイスチーズ、野菜のサンドイッチ)を広げる。風が心地よい、って言うか、 やや強すぎだったかも。
 
■マウイ・オーシャン・センター
水族館好きの僕としては、はずせない場所だ。まあまあ面白かったかな。 通りがかりの白人のカップルにカミさんと並んだ写真を取ってもらったのだが 「うまくいかなかった」と言って何回か取り直し。帰国後、現像したら、 すべてちゃんと写っていたのであった。
 
■ マウイ・マーケット・プレイス
巨大スーパーKマートや、スポーツ・オーソリティを見た後、 ボーダーズ・ブックス・アンド・ミュージックで本とCDを物色。
結局、本は買わなかったが、 今にして思えば洋書コーナーでも見かけないようなデータベース関連の雑誌がいくつかあった。 記念に買っておくんだったな。
CDはギャビー・パヒヌイを2枚ゲット。ハワイアンと言うと、 大抵の人がビアガーデンで流れているようなコンテンポラリーなものを思い浮かべるだろうが、 イナタく、アーシーなものもあるのだ。パヒヌイはその代表格の大物である。 ライ・クーダーとの共演は有名。
本屋の一角にあるカフェでココアを飲んだ。
 
■ホエラーズ・ビレッジ・ショッピングセンター
ここではおみやげを物色。ラヴァ・ダートのTシャツを自分のおみやげに買う。
 
■ジャンクフード礼讃
レシートを見るとこの日、 ホエラーズ・ビレッジに行く前に何故かカアフマヌ・ショッピングセンターでラーメンを食べている。 いちいちこの旅行記に全部書いてはいないし、覚えてもいないのだが、実は僕らは、 滞在期間中ちょいちょい間食し、永続的満腹状態の時が多かった。それゆえ肝心の食事が、 なおざりになってしまう事もしばしば。
そんなわけで、この日の夕食は、クラッカーとハムのパックとカップラーメン(ハワイ仕様)。 馬鹿だねえ。
ところで、このクラッカーとハムのパックについて、ちょっと書いておこう。
Oscar Mayer Lunchables LUNCH COMBINATION と言う。これ、結構うまい。 特にターキーとチェダーのコンビは抜群だと思う。
ついでに書いておくが、Lay's Classic と言うポテトチップも、うす塩でおいしい。 Oscar Mayer は日本では見かけないが、Lay's は小洒落たインポート・マートなどに、 たまさか置いてある。我が家では、見つけたら即、『大人買い』である。

3日目(マウイ泊)

しかし、このままでは『マウイ・オアフ、ジャンクフードの旅』になってしまう (いや、半分以上そうだったのだが…)。だからと言うわけではないだろうが、この日の朝食は、 ホテル内のスワンコートでブッフェ。プチブルな気分を味わう。
 
■海とプール
明日は移動日なので、ホテルで鋭気を養う事にした。昼は性懲りもなく、 オスカー・メイヤーのクラッカーとワイン。
ホテル内からプールに行く途中が、ジャングルの中の木道のようになっていて、凄い草いきれ。 タオルとカバナ(ひさし付きのデッキチェア)を借り、ひねもすダラ〜ッとする。
プールでちょっと溺れた。溺れたのは久々。「空気はエライ!エライは空気!」と突如、 椎名誠化す。
ところで、浜辺でオウムを連れて歩いている人がいるが、 黙って写真など取ると金を払わなければならなくなるので注意。
 
■マウイオニオンはウマイ!
ホテル内のカスケード・グリルで夕食。マウイオニオン、すし、シーフードグリルを食べた。 いや、これが実にうまかったのだ。カリフォルニアロールも良かったが、 何と言ってもマウイオニオン!日本で言えば、高原玉ねぎのようなものであろうか。 ほのかに甘いのだ。玉ねぎ嫌いの僕ですら、いくらでも食べたくなるうまさ。お薦めである。

4日目(オアフ泊)

■オアフへ
カフルイ空港でサンドイッチ、クラムチャウダーなどの朝食。
ホノルル国際空港からはシャトルでアロハタワー・マーケットプレイスに行き、 再び旅行会社のガイダンス。その後はフリー。ここで僕は、スパムのマグネットを2種類買っている。 スパムについては後述。
トロリーでヒルトン・ハワイアン・ビレッジに向かう。チェックインする前に、 ワイキキのはずれにある、ハワイアンリージェントまで行き、 翌日のマリンスポーツのリコンファームをしておく(予約自体は日本でしておいた)。
 
■ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ
部屋は、見事なまでにオーシャンビュー。海の色自体は、マウイよりもワイキキの方が鮮やかに青かった。 でも居心地はハイアット・リージェンシー・マウイの方がちょっと良かったかな。
 
■ジャンクフード礼讃2
ABCストアで、スパムむすびを購入。スパムと言うのは、 ハワイや沖縄で好んで食されているジャンクなランチョンミートの缶詰の事。 スパムメールの語源となった事でも有名である。
僕等は沖縄料理好きなので、当然スパムも好きなのである。
スパムむすびは『これぞジャンクの王道』と言える味で実にナイス。 夜もこれにしよう、と即決(笑うがいいさ)。と言うわけで、 夕食はスパムむすび、ウィンナむすび、インスタントみそ汁、いなりずしをABCストアで購入し、 貪り食うた。
 
■シューティング
夜はロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンターにピストルを撃ちに行く。
以前グァムでマグナムを撃った時ほどのインパクトはなし。 この時のカミさんの命中率がやたら低くて、今だにトラウマとして残っているらしく 「ワシは二度とやらん!」と断言している。
因みに、ここのトイレは危ないそうなので注意が必要 (警備員室がすぐ隣にあるにも関わらずレイプ事件があったそうな)。

5日目(オアフ泊)

■マリンスポーツ
この日はジェットスキーとパラセーリングを予定。
送迎車でココ・マリーナに行く。オフィスに何故か小室哲哉と華原朋美のツーショット写真が。
小さなボートで沖合いのベースへ行き、まずはジェットスキー。 2人1組で交互に運転。カミさん(ペーパードライバー)が結構飛ばすので、やや戦慄す。 以前グァムに行った時も乗ったのだが、今回は距離も時間も長く、面白かった。
次はカミさんが最も楽しみにしていたパラセーリング。 これは実に気持ちよかった!高所恐怖症でないならお薦め。 大抵一回は海に落されるので、そのつもりで。
 
■ハワイのマック
着替えた後、ココ・マリーナ内のマックでブランチ。名前を忘却したが、 野菜が豊富に入ったハンバーガーとサイミン(ハワイのラーメン)を食べる。 その他にも、大きなサラダなどがあり、日本のマックとは随分違う感じだ。
 
■脱・ジャンク?
ホテルに戻った後、カミさんはエステへ。その間、僕はDFSギャラリアなどでおみやげを物色。
外で待ち合わせ。さすがに最後の夜くらいはジャンクでないものを、と思い、レインボーラナイで夕食。

6日目(機内泊)

■最後の日
帰国の日である。すごく名残惜しい。あわただしく、おみやげなど買った後、空港へ。 バーガーキングとスターバックスコーヒーの朝食。やはり最後までジャンクな旅であった。 因みにこの日が、僕にとってのバーガーキング、スタバデビューだったのだ。
 
■う、うるせー!
さて、帰りの便であるが、僕等の後ろに座った白人家族がヒドカッタ! とにかく子供3人がデモーニッシュにうるさく、両親は何も言わないと言う…。 大きい2人はひたすら落ち着きがなく、まだ小さい子は、飛行機が恐いらしく、乗っている間中、 「ギャーッ!助けてー!止めてー!ギャーッ!」と泣き喚く。ひえ〜。 周りは失笑の渦だが、真ん前にいる僕等はたまったものではない。 「白人でも、あんな親っているのねえ」と言う日本人客の声が聞こえたが、 まあ、こーゆーのは人種云々ではないのでしょうな。
どこでも眠れるタイプの僕は何とか寝たが、カミさんは殆ど寝れなかったようだ。

7日目

■帰国
寝不足&時差ボケのまま日本に降り立つ。 成田でうどんを食べ、松戸までは直通バス。 まだ電車はあったが、非常に疲れたので、タクシーで帰った。

最後の最後にひどい目に会ったが、総括して、ハワイはよかった! 何度でも行きたいと思う。特にマウイは最高! う〜む、こうやって書いていると本当に行きたくなってくる事であるよ。

このページの先頭へ
全日本紀行INDEXへ