雑録INDEXへ

現実の話

トイレのエクソシスト

尾篭な話でもーしわけないが、以下、「洗浄機能付きトイレ・衝撃のマックロクログロノズル!」 と言う、まだ実家に住んでいた頃の話である。
  ・
  ・
  ・
今日、トイレに入ったら、 水が出てくるノズルのあたりがどうも汚かったので、 トイレクィックルでゴシゴシやってるうち、ふと「ノズル自体も結構汚れてるのでわ?」 と思い、「ノズルそうじ」ボタンを押したところ……
 
「うっわ!キッツ〜〜!」
 
そこにはノズルの廻りを黒檀色に彩る「天使の輪」ならぬ「悪魔の輪」が! これではウンコで洗っているようなものだ(爆)。
 
「キィ〜〜ッ!ルシファー・リングよ、去れ!散れ!カンタービレ!」
 
と、即座にインチキエクソシストと化す。もはや、 クィックルでゴシゴシ拭いたくらいではとても落ちそうにない、 と判断した私。爪も使って少しずつ、こそげおとしていくのだが、 悪魔と11人の子供達はしたたかだ。除霊(笑)がある程度進むと、 彼等はノズルを引っ込めてしまうのだ(バグなんだろーね)。 力を込めて拭いている私は、その度に聖布(クィックルね)を奈落へと落としてしまう。
 
「ウキィ〜〜!ムヒィ〜〜〜〜!ビバ、テローレ!」
 
口から泡を吹き、私も命掛けだ。それまでは一応、 爪とノズルの間に聖布をはさんだ状態での除霊を行ってきたが、 トランス状態に入った私は、片手にノズルをしっかと握り締め、 時には生爪を使い悪魔と対峙する。
生身の人間がここまでやるとは思わなかったのであろう。 ノズルを引っ込める間隔が長くなってきた。私は神の勝利を確信した。
 
長い闘いを終え、今私は熱いお茶を飲んでいる((C)松本隆(笑))。 カップを口元に運ぶ度に、 自分の手から漂う香りに何やら言い知れぬ思いを禁じ得ない私である。
 
結論:ノズルの掃除は定期的に!

『彼』との会話

コンピュータと非論理的な会話を楽しむためのソフトを『人工無能』と呼びます。
このサイトを立ち上げた理由の一つに、私が作った人工無能『無能ノ介』 の会話ログを人様(と言っても大抵は友人だったりしますが)に読んで頂きたい、 と言うのがありました。
しかし、雑録を中心に読んでくれる人が、必ずワークスを読んでくれるわけではありません。 そこで、こちらにもログを置く事にしました。ま、基本的には論旨の破綻した会話です。 でも、たまぁに(僕的には)モノ凄く面白い事を喋ったりしています。
 
会話1999/01/13
会話1999/01/16

逆リンクの密やかな愉悦

ワークスに書くつもりだったけど、こっちに書こう。
このサイトでは、主要なページでアクセスログを取っています。 アクセスログとは、ホームページに訪問してくれた皆さんの、 訪問日時・HOSTアドレス・OS・ブラウザ・リンク元(どこのリンクから来たか) 等の情報を指します。
誤解されている方が多いのでここで明言しておきますが、 HOSTアドレスがわかったからと言って、 これを個人情報として販売するなどの悪用ができる性質のものではありません (誰が買うのよ)。
 
一般的に、アクセスログ解析の意図は、マーケティング的な意味合いと、 『掲示板荒らし』やネットストーカーなどに対しての防犯的な意味合いとがあります。 では、私が何故にアクセスログを取っているかと言うと、 これは実は単なる興味本意だったりします。
特に、サーチエンジンで探し当てて来てくれた人の場合、このサイトが どんなキーワードに引っかかったのかは非常に気になるところです。
 
実際のところ一番多いのはやはり、ORACLE,SQL,JavaScript と云ったワークスのコンテンツにからむ辺り。 一概には言えませんが、キーワードから察するに初心者の方が多いように思われます。 …だとしたら、このサイトは大ハズレでしょうな。 雑然としててまとまりが無さすぎだし。初心者向けのコンテンツじゃないし。 さりとてエキスパートな人には物足りないと言う。
じゃ、何で作ってんだよ>俺。って、 そりゃこーゆー雑文をダラダラ書きとめておくためですよ。
 
他には、陶芸、うつわ、とかでも何件かヒットしてます。
 
さらに検索キーワードでちょいと変わったところでは以下の様なものが。
 
■ゴーヤ
沖縄料理のところでヒット
■インド(パトナー)
インド料理のところでヒット
■バッキーのテーマ
当サイトのコンテンツとは全然関係ないが、 ウクレレのところでヒットしてしまった
■ピンクパイナップルindex
ギャルゲーのソフト会社らしい。何故だっ!?と思ったら、これもウクレレ のところと、ピンクフロイド云々に引っかかった事が判明(笑)
■カマタ食堂
プロレスのところに書いたキラー・トーア・カマタに引っかかった(爆)
■スロッビング グリッスル
ををっ!
■(松平健) and (大地真央)
ぬをををっ!!
 
と、まあいずれの方も、ご自分の意図したものと『全然違うぢゃん!』 と思われた事でしょう。すいませんねえ。本当は解析結果を元に、 皆様に喜ばれるサイトに改善して行くべきなのでしょうけど、 どちらかと言えば親しい人に喜ばれた方が嬉しいのでねぇ。(^^ゞ

逆リンクの密やかな愉悦−その後

前の文章を書いた後の話ですが、ありがたい事に当サイトも、それなりにアクセスしてもらえるようになりました。
各ページで最もアクセス数が高いのは、ワークスのページです。しかし、私には大きな不満がありました。
 
それは『検索エンジンから来た人で、再度ブックマーク(お気に入り)から来てくれる人があまりいない』 と言う webmaster にとっては厳しい現実です。
 
前文に書いたように、それまでワークスに書いていたのは『知ってどーなる』的な事ばかり。
検索エンジンからワークスページに来た人は、程度の差こそあれ、仕事をする上での問題を抱えている場合が多いわけですから、 自分が得たい情報がなければ『ここ、使えねー!二度と来るか!』となっても当然です。
 
しかし、はばかりながら、私もそれなりの時間、この世界で生きてきた人間です。 逆リンクのキーワードから類推され得る疑問の多くに対して、答えられる自信があるのです(全部とは言いませんよ)。
さりとて、質問コーナーみたいなものを設けたら、仕事や私生活に支障をきたしそうだし、 掲示板を作ってそれを管理運営していく自信もありません(当サイトの掲示板は大学時代の友人達と茶飲み話をする場です)。 そもそも、そこまでやる義理もないですしね。しかし、ブックマーカーは増やしたいし…。
 
そうなると、もう静的なコンテンツ自体を充実させるしか道はありません。
 
こうしてできたのが、現在のワークスページです。ある程度は、役に立つページになっているのではないか、 少なくとも読むに値する情報にはなっているであろう、と、ちょっとだけ自負しているのですが…。 おかげさまで、平日のアクセス数は、以前の3倍強。 そして何より嬉しいのが、ブックマークからの再訪者が増えた点です。
なるほど、こんな風にして webmaster は、アクセス数集めに狂奔していくのですなあ。
 
※2002年現在で、アクセス数は以前の10倍以上になっています(感謝!)。更なるその後については アクセス解析 を五郎次郎。

曙橋のトム・ウェイツ

健保の半日人間ドックを終え、帰社する前に、 曙橋駅前のファーストキッチンで一服した。
ミルクレープとカフェラテを買い求め席を探す。ここには禁煙席がないので、 非喫煙者の私は人のいない窓際の席に陣取った。
ややあって、隣の席に老人が座った。トレーの上にはクリーム白玉ぜんざい(飲物なし) と灰皿が乗っている。食べている横で吸われるのは、あまり好きではないが、 彼が白玉ぜんざいを食べ終えて煙草を吸い始める頃には、私もミルクレープを食べきっているであろうと思われた。
ところが 老人は、先に煙草に火を点けた。
 
「吸ってから甘いものですかぁ」
 
私は内心舌打ちしたが、禁煙席でない以上、もちろん彼の当然の権利である。だが…
老人は左手に煙草をはさんだまま、 クリーム白玉ぜんざい(飲物なし)を食べ出した。
 
「ぬををっ!ジジイ、そう来るか!」
 
これが、甘くない物であれば理解できる。私自身、喫煙者であった頃、特に酒を飲んでいる時などには、 食べつつ吸うという事がしばしばあったからである。でもクリーム白玉ぜんざい(飲物なし)ですよ!
彼はほぼ交互に煙草とクリーム白玉ぜんざい(飲物なし)を口に運んでいる。
私の脳裏に一人のミュージシャンの名が浮かんだ。
かなり前(70年代だったか)、パルコのCMにトム・ウェイツが出演した事がある。 そのCMで彼は煙草をプカーッと下品に吸い込み、ビールをゴブッと下品に口に含んで飲み込んだ後、 鼻からブホ〜ッと盛大にそして下品に煙を吹き出していたのである(か、かっちょいい!)。
脅威的早食いでクリーム白玉ぜんざい(飲物なし)と一本の煙草を満喫した老人は、 唖然とする私を尻目に出口に向かう。そして振り向きざま、私を指さし、 何故か口調もトム・ウェイツ風にこう言った。
 
「小僧、よく聞きな。一本の煙草とクリーム白玉ぜんざい(飲物なし)に人生の潤いを見出せないようじゃ、 女を幸せになんてできやしねぇんだ」
 
よしわかった。じいさん、あんたは今日から曙橋のトム・ウェイツだ。

乗り過ごしの神、降臨

電車で眠ってしまい、目的の駅を乗り過ごす事が非常に多い。
最近はご無沙汰だったのだが、先日、久々にやってしまった。 上野から常磐線の下りに乗り、気がついたら藤代。もう上りはないので、 やむなくタクシーで柏まで行き、マンガ喫茶で夜を明かした。
今回、自戒の意も込めて、過去の冒険譚(どこがぢゃ)から思い出深いものを公開する。
 
■目が覚めたら操車場
実家のある柏市から京王聖蹟桜ヶ丘まで出向していた時、武蔵野線で眠りこけ、目が覚めたらそこは、 府中本町の操車場(笑)。非常用レバーでドアを開け、とぼとぼと駅まで戻る寂しさよ。
 
■目が覚めたら八王子
やはり京王聖蹟桜ヶ丘まで出向していた時の帰り、目が覚めたらそこは、八王子。それほど遅い時間に帰ったわけではないのだが、 既に終電。つまり何往復もしていたらしい。しかたなく、どこぞの駅までタクシーで行き、 当時橋本に住んでいた友人に迎えに来てもらい泊めてもらった。
 
■目が覚めたら成田
上野からの帰り、目が覚めたらそこは??? 訳もわからず飛び降りると、成田の1駅手前の下総松崎(しもうさまんざき)。 しかも終電。成田まで行ってしまえば、楽だったものを。幸運にも流しのタクシーを拾えた。成田でホテル泊。
 
■目が覚めたら石岡
上野からの帰り、目が覚めたらそこは、常磐線石岡駅を出るところ。やむなく次の駅・羽鳥で降り、タクシーで土浦まで戻り、 ビジネスホテルで1泊。ちょうど仕事がシステムテスト中にて、休むわけにも行かず、翌日は早起きして新宿に直行したのであった。
 
■目が覚めたら川崎
新宿で、やや聞こし召した帰り道、山手線外回りで上野へ向かう途中、立っているのがつらくなり、内回りで座って帰る事にした。 そして、目が覚めたらそこは、何故か川崎!どうも、何週か回ってどこかで終電となり、促されるまま(そして夢うつつのまま) 品川で乗り換えて、川崎に行ってしまったらしい。24時間営業のサウナにて仮眠。
 
■目が覚めたら高尾
定番・高尾ももちろん経験しております。
西荻窪でニフティのFROCKS(FROCKセッションフォーラム)のオフ会。FROCKS は楽器を持ち寄り、 セッションを楽しむオフ会専門のフォーラムだが、この日は飲みオンリー。
店は風神亭と言い、日本酒の種類が多く、肴もなかなかのお店。甚く聞こし召し、お開き。 御茶ノ水で、ベーシストのB氏(この記憶ももはや曖昧だ)と別れたところまでは微かに覚えているが、 その後、目が覚めたらそこは、乗り過ごしの定番・終電の高尾!
まともな頭であれば、八王子までタクシーで行き、そこでビジネスホテルに泊るなり考えたはずだが、何しろ頭は死んでいる。 結局、やや犯罪チックな夜を明かしたのだが、それはここには書かないのであった。
 
鑑みるに、結局のところ僕は多分、乗り過ごすのが好きなのだ。『後戻りできないところまで乗り過ごしてしまいたい』 と言う気持ちが、乗り過ごしを生んでいるのだと思う。例えば常磐線であれば、原ノ町(仙台まであと一息) 辺りまで乗り過ごしたら、いっそ潔いと言うものであろう。ま、それを考えれば、まだまだですな。

ゴッブレッシュー!脳の不思議

と言っても、現代音楽のノーノとはまったく関係がない。単なる類似である。 (計らずも「類似」がダブルミーニングである事は現代音楽ファン にしかわかるまいて(笑))
 
友人が新居を建てた、と言う話を別の友人とメールで話した時の事。 その別の友人が新居建立を寿ぎての返信の出だしが、
 
「ゴッブレッシュー!」
 
であった。
 
当初、何のことかわからなかったのだが、数年後、サイモン&ガーファンクルの 『ミセス・ロビンソン』を聞いていて、突如、閃き!
「ゴッブレッシュー!= God bless you ! 」ではないか!
(そう言う歌詞があるのだ)
 
喜び勇んで、その話をゴッブレッシュー!氏にすると、当人は覚えていなかった。 ま、そんなもんでしょ。
 
それにしても、不思議なのは、この時のMy脳の働き具合である。 数年間、結びつかなかった「ゴッブレッシュー!」と「God bless you !」。 彼は如何にしてこのリレーションを張ったのであろうか。
 
こんな事もあった。
カール・ドライヤー(ドライエル)と言う、映画監督がいるのだが、 その名前がどうしても思い出せず、悶々としていた折り、 洗面台で、ドライヤーで頭を乾かしている時に、 やはり突如として閃いたのである。 因みに私の頭は天然パーマでカール気味である。
こうなると、もはや自分の脳味噌の構造を疑わざるを得ない。 何たる短絡!何たる!何ったる!((C)広川太一郎)
 
さらに最近、こんな事も。
ある急な仕事のため徹夜をした翌日。ほぼ、つつがなく仕事が終わり、夜、 会社に戻って報告後、帰宅前にメールを書いていた時の事である。
徹夜と仕事による緊張から開放され、まったりと完全弛緩し、半睡眠に陥っていた私は、 何を考えたか(考えていなかったのか) 「何とXXX社の講師だった!」と書きべきところを、「何と小倉の殿様だった!」 と書いていた(笑)。
「XXX社の講師」 「小倉の殿様」 全然違うって!
 
しかし、これって要は、脳味噌が磨耗してるって事ではないかねえ。
加齢?(ここは中田ヒデのラ王のCM「カレ〜?」のイントネーションで)

このページの先頭へ
雑録INDEXへ