雑録INDEXへ

回文集『あたま山の火事』 島楽狂(しまらっきょ)

回文と私

回文との出会いは、小学生の時に遡ります。ラジオで放送していた早稲田大学の落研の2人組 (今となっては名前もわからないですが)。 彼らの作品は秀逸でした。
しかし、自分にもできるとは到底思われませんでしたので、現在(2003年)に至るまで、 自分で作品を作る事はしませんでした。
 
そんな折り、私の大々々リスペクト・バンド、スーパー・ジャンキー・モンキーのベーシスト かわいしのぶ さん(現在は BLUE MOVEe などでご活躍)が、その名も「回文堂」 と言う本を新潮社より上梓されたるを知り、更に新潮社において『回文大将』 なるイベント(選考員は、かわいしのぶ、矢井田瞳、しりあがり寿、の各氏) が開催されるを知るに至って、遅きに失した感ありですが、 私も遂に回文を作るようになりました。
 
拙いながらも、『回文大将』で最終候補まで残り、佳作を賜りましたる事、まことに幸甚。 ここに「回人」となる事を決心した次第であります。
 
回号は、大好きな沖縄料理から島楽狂(しまらっきょ)としました (島ラッキョウ自体は好きではないのですが)。 そして、この回文集を、俳人・山頭火と、落語の「あたま山」から取って、 「あたま山の火事」と名付けます。
 
新潮社「回文大将」結果発表ページへ

回文集

Googleで検索し「キーワードが同じ、または似たものがあった」 作品には(既出)と書いています。

このページの先頭へ
雑録INDEXへ