My Favorite Things へ

プロレスばなし

プロレスと私

高校生になった辺りまで、私はアンチ・プロレスファンでした。
その頃、クリエーションのコピーバンドをやっており、当然、あの名曲 “スピニング・トウ・ホールド” もレパートリーに入っていました(この曲名は知らなくても、ネプチューンの原田と堀健の、 あの名ギャグ “ドリーとテリー” のあの曲、と言えばわかってもらえるでしょうか)。
 
ある日『テーマ曲ってどのように使われているのであろう』と思い、気まぐれに全日の中継を見てみることにしました。 そして、その時アブドーラ・ザ・ブッチャーを知ったのです。
もちろんアンチプロレスファンの私でも、ブッチャーくらいは知っていました。 でも、当時の私のブッチャー像は、
 
『太って動きはのろく、弱く、すぐ凶器を出し、しかしすぐに善玉レスラーに奪われ、 「ノ・ノ・ノ・ノ!」と言ってひざまずきつつ後ずさりし、最後はやっつけられるやられ役の悪役の人』
 
と言うものでした・・・。
 
いやー、バカですね、アホですね、ヒドイですね、無知と言うのは怖いですね。
この中で合っていたのは、凶器と太った悪役ってとこだけです。
 
鈍色の巨体から繰り出される素早い地獄突き(喉への抜き手)、 もんどり打って倒れた相手を尻目に空手の型を見せ、 さらにフワリと舞う毒針エルボー、 しかもテーマ曲はピンク・フロイドの“吹けよ風、呼べよ嵐”! プ、プログレ〜ッ!そう、当時のブッチャーは、強くて悪くてカッコいいレスラーでした。
相手を血だるまにしての反則負けを喫した後、リング上で相棒のキラー・トーア・カマタと並び、 勝ち誇るように空手の型を披露するブッチャー。う〜ん、私は痺れました。
 
その後ちょっと間を置いて初代タイガーマスクが登場しますが、私はなんとなく潜在的全日ファンのまま、 たまさかにプロレス中継を見るようになります。
本格的に全日ファンとなり、また、新日、全女、その後出てきた格闘技系、あるいはインディーズの各団体を手当たり次第に観戦し、 各プロレス誌も手当たり次第に買って読むような人間になるのはまだ何年も先の話でございます。

プロレスと私−その後

大学に入ってから数年経ち、私はそれなりにマニアックな人間になっていました。
例えば「世界のプロレス」を見ていて、字幕スーパーに対戦カードが表示される前に 「マスカラ・アニョ・ドスミルです」「モチョ・コタです」などとレスラーの名前を言い当て、 友人達から笑いを取る程度には、です(もちろん、斯界では私如きレベルはマニア以前ヲタク以前です。 対世間の相対値は軽やかに無視)。
しかし、まだこの頃、私(と友人達)は実際に生の試合を観戦するには至りませんでした。
 
その後、社会人となり、しばらくの間プロレスから離れていたのですが、友人に誘われ、 『全日本女子プロレス』を見に行きました。
当時の全女と言うと、ビューティ・ペア、クラッシュ・ギャルズの二大ブームが去り、 興行的にはかなり低迷していた時期だと思います。 それまで女子プロに興味のなかった男子プロレスファンも巻き込んだ、 第三次女子プロレス・ブームもまだ先の話です。友人達はマニアの嗅覚で、 この頃既にかなり全女にハマッていました。
 
こうして観戦デビューを果たしたわけですが、私はイマイチのめり込めませんでした。
対象が何であれ、愉しむ事にも修練が必要です。その頃の私には『女子プロを愉しむ』 ためのディシプリンが欠けていました。多分『知性と品性と感性が同時に低レベル』 (←これ、知ってるかなぁ)だったのでしょう。
 
私が本格的に全女にハマッたのは、『ユニバーサル・プロレス』のビデオを見てからです。
ユニバは日本に初めてできたルチャ・リブレ(メキシコのプロレス)の団体で、今の 『みちのくプロレス』『大阪プロレス』の母体となった団体です。全女は当時、 ユニバの興行にゲスト参戦していました。
私は、ビデオを見る内に、高橋美華(たかみ)のファンになりました。たかみはアジャ・コング の同期で、同じく同期の前田薫(現・KAORU)とタッグ・チーム『ハニー・ウイングス』を組んでおり、 『プロレス界のウィンク』的な位置にいたような気がします。
こうして全女の試合を集中して見る様になった私は、以前見えなかったものが見えるようになります。
 
それは、『全女の試合はレベルが高い』と言う事実です。
 
ユニバ興行における全女のハイレベルな試合は、後楽園に集うマニアの知るところとなり、 それが第三次女子プロレス・ブームの萌芽となったと言っても過言ではありません (何か富澤一誠みたいだな、オレ)。
 
その後、友人達に誘われずとも全女の興行に足繁く通うようになりました。 これまで多くの団体を観戦しましたが、回数で言えば一番、全女が多いのです。
しかし、観戦仲間である友人達が関東圏から離れ、ほぼ時を同じくして、たかみが引退し、 私も次第に生観戦から遠ざかっていったのです。

“You call this texture mapping ?”

WWEのクリス・ジェリコが監修、と銘打ったゲームのコマーシャルがありますが、 我が家では、夫婦ともども、みょーにあのCMが好きなんですね。
何が可笑しいってわけではないんだけど、
 
“You call this texture mapping ? Out of the way, Junior.”
 
と言う時の、「これがテクスチャ・マッピングだって?」の後の表情が秀逸。
多分、ライオン道(笑)は、ナイスガイに違いない。
私はまったく面識がないが、そう思っている。

グランマスクの男

「グランマスクの男 L'Homme Au Masque D'or(92仏)」 と言う、ジャン・レノ主演のプロレス映画がありました。
因みに、私は劇場で見ています(笑)。
 
孤児院を経営するために闘う実在の神父をモデルにした話で、 ジャン・レノは、その"暴風神父"フライ・トルメンタ役を演じていました。
また、実在のルチャ・ドールも多数出演していたはずですが、今となっては、 ザ・グレート・コキーナ(後のヨコヅナ)くらいしか覚えていませんねえ。
 
さしたる山場も大きな感動もなく、映画としては、僕的には極めてどうでもいい内容でしたが、 エリック・セラ(ベッソン作品を始め、レノの映画ではお馴染み)の音楽は美しかったし、何と言っても、ルチャのシーンは、 結構ふんだんにあったので楽しめました。どんなルチャ・ドールが出演していたか、 確認するためにビデオでもう1回くらい見てもいい、って感じかな。
しかし、長身のフライ・トルメンタは、はっきり言って変。 プロレス的な習練は、あまり積んでなかったですね。 当人はちゃんと練習したかったのだが、当時のフランスではメジャーなプロレス団体はなく、 トレーニングもままならなかった由、何かでレノ本人が語っていました。
 
印象的だったのは、「グランブルー」でレノのファンになったであろう人々の、 映画が終わった後の軽い失望と虚脱が垣間見えた事ですかねー。「レノ史から消したい!」みたいな。 これは、プロレス者としては「ザマミロザマミロ」って感じで快哉を叫びたい気分でした。
 
それにしても、原題は「黄金マスクの男」なのに、見てよ、この邦題! 最高です!

地方会場の愉しみ

ここ数年、生観戦から離れてはいるものの、前述の通り、 これまでいくつもの団体を幾度となく観戦してきました。
その中で、強く記憶に残っている興行は、得てして地方会場で見たものが多かったりします。
以下、「大場所」と呼べなくもないものも含んではいますが、 とりあえず後楽園やドームクラスではない、近郊から関東圏外まで。
 
この内、みちのくと藤原組については、友人達との旅行と言う意味合いもあり、 殊のほか印象深いものです。
 
■みちのくプロレス(山形市内の中山町体育館。いわゆる逆密航)
これは、友人の個展が山形であった折り、「ついでに、みちプロも見ようではないか」 と言う仕儀に相成ったもの。
人生のロープ渡りを初めて生で見て感動。
 
■藤原組(浜松市立体育館)
何故、浜松まで行ったのか、今となっては思い出せませんが、多分、 清水市に転居した友人と、地元・岡山へ帰った友人、 そして千葉住まいの私の距離的バランスから、浜松、と言う事になったのでしょう。
試合自体よりも、駅の近くのインド料理屋と、初めて食べた広島風お好み焼きが美味かった事が、 印象に残っています。
 
■全日本プロレス(流山運動公園始め、書ききれないほどの地方体育館)
馬場さんファンの私としては、会場すみの売店に陣取って試合を見ている馬場さんに釘付け。
全日はメジャー団体としては、独特の「ゆる〜い」雰囲気がありましたが、 試合内容は、それに相反した濃さ、激しさで、まあ、 「地方の全日にハズレなし」と言われただけの事はありました。
 
■新日本プロレス(よみうりランドEAST)
あまり試合の印象なし。
コーナーから場外にダイブ(だったか)した健介が妙に変な落ち方をしたので、 いや〜な気持ちになったのを覚えています。(骨折で退場)
 
■全女(書ききれないほどのパチンコ店駐車場特設会場(笑))
やはり全女をこそ、地方会場で見たいですなぁ。 松永会長の作る焼きソバも食べられるし。
因みに松永会長は「全女」とは言わず「全日本」と言いますね。 現存する最古の団体としての意地を感じます。
 
■オリエンタルプロレス(流山運動公園)
初めて生L.L.クールJ太郎こと杉作J太郎を間近で拝見。
松崎和彦(後に駿馬に改名し、現在は松崎番長) が、国際プロレスの馨り高い佇まいでカッコよかった。
因みに、松崎と小川良成は顔立ちが似てると思うがどうか。
 
■NOW(伊勢原食品市場)
WWE の今年(2003年)初頭のツアーでは結局直前で帰国してしまったブッカー・T。 すっかり忘れていたけど、NOW に来てたんですよね。スピン・ルーニーも、 この頃からやってました。出てきた時に「足長ェ〜」と言う声がアチコチから上がった記憶あり。
それにしても、この時初めて生で見た上田馬之介は怖かった。場外乱闘でマジ逃げしましたよ。
 
※「大場所」…女子プロレス用語でビッグマッチの事。

BECKに出てくるプロレス・格闘技ネタ

マンガのコーナーに書こうか、と思いましたが、どちらかと言えば、こっちでしょうかね。
ハロルド作石の青春バンドマンガ『BECK』に出てくるプロレス・格闘技ネタのリストです。(また、不毛な…)
 
(2003/03/20) 最近『VOLUME 00 THE GUIDE BOOK EX』買ったんですが、似たような企画が。。。
本家にやられちゃぁ立つ瀬がないですなぁ。しかし、こちらは数で勝負って事で。
 
巻数頁数内容
254千葉が草野球で後ろ回し蹴り
255蝶野正洋 初登場。草野球で両チーム入り乱れての乱闘。ラ・ケブラーダ、ドラゴン・スクリュー、足4の字固め等々
259乱闘の続き。千葉がマウントパンチ
35通行人は朝日昇?千葉が竜介に後ろ回し蹴り(次頁でタックルからマウントパンチ)
3165ファミレスに蝶野
3171力也と兵藤がハンセンがファンクス一家だったか議論
417通行人 蝶野
420終業式の校長の挨拶「危ぶむなかれ…」
426力也が教師にパワーボム
434始業式の校長の挨拶「危ぶむなかれ…」
435授業でカール・ゴッチの話
4110斎藤さんがコユキに一本背負い
4145斎藤さんがコユキにジャイアント・スイング
4147コユキが斎藤さんにコークスクリュー・シザース
513通行人 蝶野
560千葉が力也とのケンカに勝って「ダァ〜ッ!」
5110ダイブリのエディー登場に興奮する蝶野?
5115ライブの客 サクマシン
5135千葉がコユキにフロント・スープレックス
626通行人 大仁田厚
634通行人 蝶野
694竜介が千葉に三角絞め
695千葉(親日Tシャツ着用)が竜介に「フジナ〜ミ!」と叫んでドロップキック
6147入学式の校長の挨拶、カール・ゴッチと木戸修の関係について
6149不良グループが鬼形にアルゼンチン・バックブリーカー
6149楽器屋店員の高野拳児 初登場。高野拳磁にナイトホークスの青木秀一フレイバーって感じ?
6185不良グループ椎木がコユキにデスバレーボム、みちのくドライバーをかけんとす
6187千葉が不良グループにタックルからマウントパンチ
729通行人 蝶野
745高野がコユキに高野クラッシュ(オリジナル技?)
780猪木のブロンズ像(待ち合わせ場所)
783斎藤さんがコユキにストレッチ・プラム
786コユキがサクにローリング・ソバット
793駅の広告 蝶野
7168コユキのTシャツがモンスター・ロシモフ(アンドレ・ザ・ジャイアントのデビュー当時のリングネーム)
7179BECKのアメリカでの名前、モンゴリアン・チョップ・スクワッド
847通行人 蝶野
889千葉がコユキにマウントパンチ
916コユキが斎藤さんに胴絞めフロント・チョーク
939コユキがヒクソン風ヨガ
993ベテランシンガー、ジミー・スヌーカ
9100コユキのTシャツがエル・サント(10巻の後半まで)。マリアの観たいバンドがエル・サイコデリコ(=エル・シコデリコ)
9137観客 三沢光晴
9146観客 桜庭和志、高阪剛
9155千葉がイベントのスタッフにジャイアント・スイング
9162千葉がイベントのスタッフ「フジナ〜ミ!」と叫んでドロップキック
9183観客 大仁田
9183観客 蝶野
104観客 桜庭、ホイス・グレイシー
105観客 高阪
1028観客 三沢
1035千葉がイベントのスタッフにジャンピング・エルボーからジャイアント・スイング
1063観客 蝶野
1069観客 カト・クン・リー
1086観客 金原弘光
1088観客 ドス・カラス
10108観客 蝶野(マリアのおっぱい見て喜ぶ)
10135観客 ビジャノ?号、親日Tシャツの女の子
10179観客 桜庭
1129授業で古代ローマのパンクラチオンの話
11116観客 蝶野
11140コユキが斎藤さんにナガタロックII(クリップラー・クロスフェイス)
11153千葉が天山(観客)にケンカキック
11163通行人 蝶野、武藤敬司
11184コユキが新日Tシャツ
1240観客 エル・シコデリコ
1245コユキのTシャツがモンスター・ロシモフ(アンドレ・ザ・ジャイアントのデビュー当時のリングネーム)。7巻でも着用
1260サクが蝶野のコスプレ
12102観客 猪木
12117真帆がコユキにトラース・キック
12168コユキのパーカー「GOTCH SS」。ゴッチ ストロングスタイル?
13138観客がUFCTシャツ、WCW のパーカー。竜介のTシャツがエル・ソリタリオ
13161観客がWWEのTシャツ
13182観客 ドス・カラス。他の観客がNWAのTシャツ
13182観客 ウルトラマン、ビンス・マクマホン
149観客がWWEのキャップ
1416観客 トルトゥガー?
1418観客がスマックダウンのTシャツ、WWEのパーカー
1448観客 コユキの歌に驚愕するザ・ロック
1450観客がUFC、WWE のパーカー
1470観客 エル・シコデリコ
14145武藤のコスプレをするケビン(竜介の想像)
1527たまよバアサンが千葉に延髄斬り
1528千葉が たまよバアサンにアルゼンチン・バックブリーカー
1542オバチャン(佐藤和緒)が千葉にトラース・キック
1554竜介のTシャツがエル・ソリタリオ。13巻でも着用
1563通行人 蝶野、武藤
1581ヨシトがカト・クン・リーのトレーナー
15115斎藤さんがコユキにスタンドの脇固め
15180観客 蝶野
 

このページの先頭へ
My Favorite Things へ