My Favorite Things へ

食べ物ばなし

インド料理と私(その蜜月の日々)

インド料理との出会いは学生の頃に遡ります。 当時本厚木にあった(今もあるのかな)マドゥライと言う店によく行っていました。 ここはガージャル・ハルワ(人参のケーキ)がおいしかったですね。 しかし、この頃はまだ、インド料理に本格的にハマっていたわけではなかったのです。 『たまにはインド料理でも食うかぁ』そんな感じでした。
 
大学4年の時、1ヵ月ほどインドを歩いて、その旅も終わりの頃、パトナーで食べたのがスタッフド・ポテト・カリー。 ジャガイモの中にカッテージ・チーズ(卵白もかな)が入っていて、いや、これはうまかったなー。 パトナー滞在中は毎日食べて飽く事を知らず、って感じでした。
 
ところが、それでもまだ、ハマりはしませんでした。インド料理に没入していくのは、大学を出て数年後、 それまでテレビと活字でしか接していなかったプロレスを生観戦するようになってからです。 当時の観戦仲間の間では、プロレス→インド料理→甘いもので締める、 これを『幸せフルコース』と呼んでおり、 わたし的にはインド追想のよすがともなったのであります。 その頃よく行っていたのが、以下の2店。
 
アショカ銀座本店
フェイバリットは、ラム・ローガン・ジョシュ(子羊のカレー)、 ベジタブル・マライコフタ(野菜、ジャガイモ、ナッツのお団子のカレー)、 カジュ・マタ・パニール・マサラ(カシューナッツ、ジャガイモ、インドチーズ)、 チャナ・マサラ(ガルバンゾー豆のカレー)など。 都内随一であると個人的には思っています。特にベジタブル・マライ・コフタは絶でげしょう。 洗練とはこう言う事か。ただ、ナンがイマイチではないかというのが、友人間でのコンセンサスとなっていたりします。
 
アジャンタ
日テレの側にある24時間営業(!)のインド料理屋。 特にこれがというのはないが、なんといっても遅くまで開いてるのが嬉しい。プロレス帰りに一番よく行ったのがここです。 場所柄、有名人も結構見れます。
 
で、ビールはゴールデン・イーグル。これが一番好きですねー。

沖縄料理と私

沖縄料理を意識して食べたのって、ここ3〜4年の話です(※これを書いたのは2000年)。 最初は、確か新宿の『やんばる』だったと思います。 ここは食券買ってカウンターで食べる式の店で、 何故か同じ店の半分がラーメン屋になっています。そんな店ですから値段はたかが知れてますが、かなりウマイです。 私がいつも食べるのは「らふてぃ丼セット」。 大ぶりのらふてぃが3個と沖縄風昆布煮クーブイリチー(これがまた薄味でおいしい)が乗った大盛りのかやくご飯ジューシーに、 スパムと麩が入った沖縄そばのセット。通は、らふてぃを1つ、そばに乗っけて、 らふてぃそばにして食べるのだ(私だけ?(笑))。これだけでも量的に相当キビシーですが、 これにシークワサージュースを付けないことには、私のルーティンは終わらないのであった。(^_^;
 
もっとも足繁く通ったのは下北沢のシーサーズ。らふてぃはもちろん、あしてぃびち、豆腐よう、ゴーヤちゃんぷる、と言った、 基本はすべてここで知ったようなものです。豆腐ようってのは、中華料理の『腐乳(フールー)』みたいなもんでしょうか。豆腐の泡盛漬けです。 かなりキビシイ食べ物ですが、ここで食べたのは結構洗練されてまして、 あの独特の『酢豆腐でげしょう』って感じもなく(笑) 、割とすんなり食べられます。 後、ソースでいただくスパムとゴーヤなどの天ぷら盛り合わせ、すぬい(もずく酢。嫌いなはずなんだけど、これはめちゃめちゃウマイ)なども絶。
で、ここへ行ったら是非食べていただきたいのが、 締めに食べるシークワサーアイスとウベアイス(紅いものアイス)。特にウベアイスがめちゃめちゃ旨く、 初めて食べた時、その場にいた全員「今までに食べたアイスで一番うまいかも…」 と堂目させられました。シークワサーアイスも、オリオンと古酒クースで火照った 体をクールダウンするには最適。お試しを。
 
沖縄の食材を扱う店なんかに行くとよく置いてある、沖縄のドーナツ、 サーターアンダギーも素朴で結構飽きが来ません。 これは、元Speedの新垣仁絵ちゃんが、他のメンバーにたまに作ってあげていたことで有名(なのか!?)。

『魚貝とハムのクレープ包み焼きバジリコバターソースがけ』定食を出す学生向け食堂の話

大学生の頃、大学の近くにあった学生向けの食堂で、 おばさんが1人で切盛りしている三善(みつよし)と言う店に、 よく行っていました。見た目が普通の民家なので、 よっぽど気をつけないと通り過ぎてしまうような店構えです。 玄関を開けると4〜5人座れるカウンターがあるだけ (その後改装して10人くらい入れるようになっていた)。
ここでよく食べていたのが『鳥胸肉と野菜のホウ油(オイスターソース)入り醤油炒め』 『一口カツと ハンバーグのオニオングラチネ風』と言った、 ちょっと学食らしからぬメニュー。 これに自家製のマヨネーズをかけた生野菜(量が多く、 マヨネーズはサラっとしててまろやか)が添えられ、 大盛りの丼飯(炊き加減、絶!)、 味噌汁(「柚、入れますか?」と聞かれる)、たくあんが付いて値段は、 400円〜560円くらい。一番高いタンシチューでも600円程度だったと記憶してます(1980年代半ば)。

おばさんが儲けをまったく度外視して作るメニューの数々に、 いつも驚嘆させられたものでしたが、ある日の日替わりのメニューが 『魚貝とハムのクレープ包み焼きバジリコバターソースがけ』だったのです。
フワッ、サクッとした歯触りの後、口に広がるバジリコの爽涼たる馨り。 瞠目、そして落涙に及ぶ。都内で同じレベルのものを食べたら一品 2〜3000円は軽く行くはず。しかし、この時食べたのもやはり、 大盛り丼飯、味噌汁、たくあん、生野菜添えで500円程度なのでした。
このメニュー、残念な事に、よほど手間が掛るのか、 思いのほか評判が悪かったのか、私の知る限り、 この時一度きりの出会いとなってしまいました。その後、外食する時に 『クレープ包み焼き』とあるとつい頼んでしまうようになりましたが、 三善で食べたものと同レベルに達しているものにはついぞ出会った事がありません。
 
この店へは大学卒業後も何度か行きました。 本かテレビででも紹介されたのか、物凄い長蛇の列で入れない事もありました。 また、何年か前に行った時は、営業日が月・木曜日の週休5日制になっていて、がっかりして帰った事もあります。 なかなか行きづらくなってしまいましたが、仲間内では 『三善のおばさんにお弁当を作ってもらって花見にでも行きたいねえ』 などと今でもよく話が出ます。

Cause we 've ended as IHOPers〜哀しみのIHOP者達

ファミリーレストラン・チェーン IHOP(アイホップ)をご存知ですか?
私自身がかつてそうだったのですが、『郊外にあるマイナーなファミレス』 と言う認識の人が多いのではないでしょうか。
 
IHOPとは International House of Pancakes の略です。 このレストランは、その名の通り、パンケーキとベルジャンワッフルが売りなのです。 そして(あなたが IHOPer でないのなら)、おそらくそれは、今あなたが考えたパンケーキやワッフルとは、 まったくの別物です。
 
IHOPのパンケーキやワッフルは、なんちゅうかこのぉ…グッド・オールド・アメリカって奴ですかね。 池波先生言われるところの『パンケーキにベーコンとシロップを添えて食す。まさに朝食の醍醐味であろう』みたいなね。
遅く起きた休日などに、たまさかに出かけ、プレーンなパンケーキやワッフルを食べます。
パンケーキは、しっとりと優しく淡く、ワッフルは、さっくりと力強く、それは、ファミレスなのに滋味に満ち、 ジャンクフードなのにスローフード、と言う矛盾をも味わえる、私にとっての ウクレレな時間だったのです。
 
しかし、そんな休日午後の愉しみも、今や失われつつあります。
2001年5月現在、IHOPは国内から完全撤退してしまったのです。
実際は独立採算でしょうから、日本法人側が、米国法人にローヤリティを支払うメリットを見出せなくなったとか、 支払能力が低下したとか理由は様々あると思います。
ただ、大きな要因として『米国に本拠を置くパンケーキの店』 と言うパブリック・イメージを築けなかった点が挙げられるでしょう。私が IHOP を知ってから10年以上経ちますが、 IHOP が IHOP たる理由、パンケーキの存在を知ったのは、ここ2年ほどの間なのです。 多くの人が、あの味を知らぬまま朽ちていくのです。不幸な事です。恐ろしい事です。
 
しかし責められるべきは、『知る者』達の怠慢でありましょう。 企業側だけの責任ではないのです。何故、もっと周りの人々を善導しようとしなかったのか。 今、私は悔いています。自責の念に駆られています。
 
これを読んだ IHOPer でないあなたが、身近にまだ残っている(かもしれない)IHOP へ行き、 そこでかつて私が享受したように、至上の恵みを賜らん事を願って止みません。
そして、その店の連絡先を、当サイトへ喜捨なさいませ。Go this way to the glory. ありがとう。
 
後日談(2002年12月)
正確には、長崎屋の会社更生法適用により、子会社である「おあしす」が他社へ売却。 その会社が提携を解消したとの事である。無念ぢゃ。

IHOP〜哀しみの便(よすが)

最近になって驚くべき事実を知りました。
iHOP は、のきなみ焼肉屋「でん」になってしまったわけですが、 実は数店舗はファミレス「DenDen」として残り、 そこでは何と!iHOP 時代と同じレシピ(確認していないので多分) でパンケーキを供していたと言うのです。
その店舗とは函館と土浦市の荒川沖。 荒川沖なら休みの日に車で余裕で行けるではないか!
 
早速カミさんが焦って電話するも。。。ああ、遅きに失したか。 「現在はメニューにありません」と言う、つれない返事でした。
(実は、本家に黙って勝手に出していたとか?その辺はまったく不明)
 
それにしても、ここ数年間、 あのパンケーキが現存していた事を知らずにいたとは!
そして、その存在を人には教えず、自分だけでグフフと享受していた、 そこのあなた。
恨みますぞえ〜〜! 私の竹田を返してくりゃれ!((C)額田部女王)
 
しかし、こうなるともー、ポジティブに行くっきゃないでしょって事で、 いくつか近そうな(味がね)店を選出。
これを片っ端から舐めていく事を今後のライフワークと決めたのであります。
(本国に行けよ>オレ)
 
以下、世間の評判はさておき、僕とカミさん的に 「iHOPと較べてどーか?」に重きを置いてレビューします。
あくまでも僕達的に、なので
「××のパンケーキがイマイチと抜かすとは、この味音痴めらが!」
等々罵詈讒謗は伝言版へどーぞ。
 
■帝国ホテル ユリーカ
やはりここが一番評判は高そう。
ググったところ、「iHOPのレシピをユリーカが欲しがった」 と言う話と、「ユリーカのレシピをiHOPが欲しがった」 と言う話があり、どちらが本当なんでしょうかね? (前者っぽいけど?)
評価点は粉っぽさとバターミルク感。 さすがのクオリティです。
値段が帝国ホテルレベルなのが唯一の難点。
[追記]
最近どうも味が変わってしまった気がするんですが、そんな事ないですかね? →iHOP幻想
 
■新宿 ○○○○
高島屋内のカフェ。 「バターミルクパンケーキ」と謳っていたので、カミさんが買い物のついでに検証。 曰く「全然ダメ」との事。
 
■東銀座 マ○ー○ー○
パンケーキではなくて、ベルジャンワッフル。 世間的には評価高し。 カミさんが買い物のついでに検証。 曰く「全ッ然!ダメ」との事。
(もっと辛辣な物言いだったけど、ま、一応ね)
 
■ロイヤルホスト
Mr.ディモズのパンケーキ。
う〜ん、惜しい!でも、よすがとしては及第点か?
 
■egg's country
新松戸にあるパンケーキ専門店。
名前から察するにハワイのエッグスン・シングス(Eggs'n Things) にインスパイア(not インスパイヤ)されたものと思われ。
割といい感じ。ユリーカが味が変わってしまった(と思うんだけどなあ)今、 場所が近所だと言う事もあり、わずかな希望の光です。
オムレツやグラタンもなかなか。メープルはもうちょっと欲しいなあ。

魚がしに何が起こったのか?

どうも、私が好きなものは、みんな無くなっていくような気がする。
その店『魚がし』を知ったのは、1997年の事。『散歩の達人』を読んで知ったのであった。
昼は和食バイキング、夜は居酒屋となる、その店は、思わず友人に『帝都のド真ん中に三善出現!』 とメールしてしまった程、私のド真ん中に突き刺さったのである(三善については前項参照)。
和食バイキング800円(600円でテイクアウトの弁当もあった。つい食べすぎてしまうので、 私は弁当にすることが多かった)。
 
初めて、魚がしで食べた時のメニューがメモってある。
食べられたのはここまで。食べきれなかった他のおかずは、
これに卵&納豆、ご飯と味噌汁が付くのだが、卵と納豆が1人1個ずつ(とらなくてもよい) であることを除くと、ご飯、味噌汁はもちろん、おかずもおかわり自由の取り放題。 但し時間制限があり、さらに残したら罰金。
因みに、卵は小ぶりで殻が固く、黄身が立ってる!って感じの旨い卵だし、 納豆もちょっとその辺の防腐剤くさいのとはレベルが違う感じだ。もちろん、飯も味噌汁も旨い。
 
鬼平で、盗賊の頭が表の顔として飯屋の主人をやっているエピソードがあった。 この飯屋と言うのが、味付けには、かなりの仕事を施してあり、べらぼーに旨く、べらぼーに安い、 と言う設定で、平蔵自身が浪人体で探索に訪れ、その味と安さに瞠目すると言う話だ。 非常に好ましい内容で大好きな一篇だが、魚がしとは総体的に見て、そのような店だった。
 
味付けは、この手の外食には珍しくやや薄味。なれど深い滋味があり、 さすがオレゴン調理師学校学長(店主のもう一つの肩書き)は違うことよ、 と感銘。店の作りは普通の居酒屋なのに流れているのはクラシックというのも、 何ともオレゴンだ(謎)。因みに店主の岡田さんは黒柳徹子風のおば様。
 
テレビ、雑誌などによく紹介されていたらしく、いつも混んでいた。また、 東海林さだお氏が大絶賛していた事も有名であり、 東海林さんのエッセイを読んで行った人も多かろう。
 
そして、ある時、友人2人と夜に行き、更に驚く事になる。
当初は、『肥後牛しゃぶしゃぶ1800円』(安!)などというものにしようと思っていたのだが、 残念なことに肉がないとの事で、あえなく『魚がし鍋コース』に変更。 しかし、これが結構凄かったのだ!
 
以下、『魚がし鍋コース』驚愕の布陣!
これにエビス×2と、梅だより(だったかな?フルーティで旨し)を何合か(忘却)飲んで、 締めて2万丁度。3人でこの値段だと、居酒屋感覚では、やや割高感あるが、 何、都内の他の場所で同じレベルのモノを飲み食いしたと思えば安い安い。
 
と、まあ斯様に素晴らしきお店であったのだが、いつの頃からか閉めてしまったのである。 原因は全然わからぬものの、原価割れ、もしくはそれ寸前でやっていた事は間違いあるまい。 とは言え、昼も夜も大盛況の店でもあったのだ。
 
最近になって思い立ち、ネットで調べてみたら、1つだけ言及しているサイトがあった。 その人も詳しくはわからないらしいが、何やら事故があったとの情報を得たそうだ。心配である。 どこかで元気に営業している事を望む。

Sweets Sweets Surrender

■つつや『五大北天まんじゅう』
友人に、お饅頭をいただいた。
中島誠之助氏に「津山に五大北天まんじゅう有り!」と言わしめた、 知る人ぞ知る銘菓である。
はっきり言って旨い(泣)。怪しげなものが何も入っていない。誰もが知っている食材だけを、 慎重に吟味し練られた、オーセンティックなスローフード。滋味と気合に満ちている。 とりあえず食っておけ。  
 
■紅谷『鎌倉の鐘』
これは、たまたま入った渋谷西武の地下で購入。
鎌倉に本社のある紅谷の手作りケーキ。 しっとりしたスポンジに雪化粧のようにパウダーシュガーがかかっている。 たっぷり4人分以上あって値段は500円と破格。 これまた、余分なものが一切入っていない真っ直ぐな作り。自らの人生を顧みて猛省しなされ。
都内では、渋谷西武の他、上野駅のスーベニアショップ、ガーデンでも購入可。  
 
■揚州商人の杏仁豆腐
家の近所に揚州商人と言うラーメン屋がある。深夜まで行列の続く人気の店だ。
僕はラーメンには、まったく拘りのない人間なので、ここでその味について言及はしない。 しかし!ここの杏仁豆腐はデモーニッシュに美味い!正直、ここより美味い奴には、 まだお目にかかった事はない。濃厚で、それでいて、さっぱりと嫌味がなく、 ねっとりとした舌触りは、他の店では味わえないものだ。
最近では、恵比寿ガーデンプレイスのデパ地下(三越B2)にある東京粥で売っていたものが、 揚州商人に肉薄していると思う。
最後のこの一文を読んで「何をう!」と思った東京粥杏仁のファンの方は、 揚州商人(数店あり)へ行かれたし。  
 
■新宿・面影屋珈琲店のミルクレープ
ある理由で、特に期待もせず入ったのだが、雰囲気もいいし、以外な程ケーキが美味しかった。 大ぶりのケーキにありがちな過剰さがなく、フィリングのイチゴが清涼感を増している。
他に、トップスにクリソツのチョコレートケーキや、 フィリングがズコット風のモンブランなども美味しそうである。 こちらの方も食べたら、ここで報告する予定。
 
(その後、チョコレートケーキを食べた。トップスとは似て非なるもの。これはこれで美味しい)  
 
■グランドールのショートケーキ
いきなり結論から書いておこう。
松戸市にあるグランドールのショートケーキは、グリンデルワルドに肉薄!
全日本紀行にも書いた通り、僕は、上高地帝国ホテル内のグリンデルワルドのケーキ、 非常に美味しいと思う。メチャ高いけど、その価値あり、かと。
で、自宅近所にある、このグランドールだが、カミさんが「かなり美味しいと思うよ」 と言っていたのを聞き流していた事を激しく後悔。
これはホンモノ!間違いないです。間違いないです。((C)真木蔵人)
とにかく、ショートケーキが白眉。まず、イチゴが厳選されている。 それにスポンジが美味い(多分それ単体で食べても美味しく感じると思う)。 クリームの上品さは、繰り返すが、グリンデルワルドと比較して何ら遜色するところなし。
いや、マジですって。はっきり言って市井の名店と言えましょう。
 
(最近になって久々に食べたら味が変わっていた。たまたまパティシエの調子が悪かったのか? それとも、これが今のグランドールなのか?今後の推移を見守りたい)  
 
■オペラ座(オペラ・ド・パリ)のケーキ
上記グランドールの味が変わってしまい(まだ未確認)、ヘコんでいたところ、 たまたまネットで情報を仕入れ、行ってみたら激ウマだった柏市の有名店。
ショートケーキは、僕的には、美味い時のグランドールの方がやや上かと思ったけれども、 まあ、殆ど優劣はつけ難い。
それにしても、とにかくここのは美味い。モンブラン(これが一番美味かったかな)、 プリン・ア・ラ・モード、ミルフィーユ、などなど7種類くらい食したが、まったくハズレがない。 それと、この値段でこの味では当然の事だが、本当にいつ行っても混んでいる。 値上げはしてもよいので、ずっと変わらない味でいて欲しいものである。

このページの先頭へ
My Favorite Things へ