TOPページ |  What's New ? |  染付への想い |  略歴 |  予定 |  作品紹介 |  染付屋回回青の気まぐれ日記帳
 

 
 
 染付への想い
 
 かつて中国が元と呼ばれていた頃。 遠くペルシャからシルクロードを旅してきた回青(かいせい) と名付けられたコバルト顔料は、景徳鎮にて白玉のごとき磁胎と出会い、 青花磁器として花開きます。 さらに呉須(ごす)と名を変えたその顔料は海を渡ります。 そして辿り着いたのが日本の磁器発祥の地九州は肥前の国なのです。
 
 景徳鎮と共に伊万里の絵付磁器は、 辿って来た道を今度は遥かに飛び越えヨーロッパへも輸出されるようになります。 以後それらの焼物は世界の人々を魅了し続けています。 元の青花。明末清初の古染付、祥瑞(しょんずい)。李朝の染付。初期伊万里。 等々。
 
 四世紀を超える歳月が流れた今、日本人は何時の頃からか、 その焼物を親しみを込めて「染付(そめつけ)」と呼ぶようになりました。 器を彩る藍の色は心を鎮め、 どこか懐かしい。まさにジャパンブルーとして我ら日本人の精神風土を象徴する色といってよいでしょう。
 
 染付の深い魅力に取り憑かれたものとして、 ささやかな仕事ですが一人でも多くの人と染付の素晴らしさを共感したい。 そして過去の伝統に敬意を払いつつ、新しい可能性を探って行けたら。それが私の願いです。
 
 福西 雅之