ホームページへ

アクセス解析


2000/04/10 〜 2005/08/31 の間に 365784 件のアクセスがありました。
 日頃のご愛顧に感謝!
※ログのインクリメントが面倒になったので2008/11/16にアクセス解析は止めました。

当サイトでは、主要なページでアクセスログを取っています。
ここでは、このアクセスログを解析した結果から、興味深いものを差し障りのない範囲で公開します。
※カウンタ自体は、2004年になってから設置したので少ないのです
 
アクセス解析とは 解析結果


「アクセス解析とは?」

アクセスログとは、ホームページに訪問してくれた皆さんの、訪問日時・HOSTアドレス・OS・ブラウザ・リンク元(どこのリンクから来たか) 等の 情報を指します。
 
以下でも説明しますが、これは「個人情報として悪用したり売買したり」 できる類のものではありません。
(そうは言っても「アクセスログを取られるのは嫌だ」と言う方も当然いらっしゃいます)

「個人情報がわかってしまうのでしょうか?」

掲示板などでも毎日毎日繰り返し繰り返し見られるFAQ中のFAQ、と言ってよいで しょう。
先ず、結論を書いておきます。
 
「あなたの氏名もメールアドレスも電話番号も住所もわかりません」
 
では何がわかるのでしょうか?
上に書いた通りの事(訪問日時・HOSTアドレス=IPアドレス・OS・ブラウザ・リンク元) がわかるのみです。
(他にも付随情報は取れますが)
 
HOSTアドレスからは、
 
・どのプロバイダからアクセスしたか または
・どの企業内LANからアクセスしたか
 
と云った事が、わかります。
プロバイダの場合は、大体の場所(通常は都道府県まで)がわかる場合があります。
また、個人で固定IPを取得している場合は、whois で見た時、氏名が表示される場合があります。
(whois の詳細、あるいはプロクシ=串の事などは割愛します)

「なにが嬉しいのでしょうか?」

では、これらの情報があると何が嬉しいのか?
 
ポジティブな理由としては。
企業の場合、「サイトにどのような時間帯にどこから来たか」と云った情報が、マーケ ティングする上で重要です。アクセス解析で、それらがわかります。
個人的には、何といっても「どんなキーワードで検索してきたか」がわかる、 と言う事が最大のメリット(と言うか愉しみ)ではあります。
 
ネガティブな理由としては。
例えば、サイトが攻撃対象となった時に、その攻撃者のIPアドレスがわかっているので、 訪問できないように、ハジく事ができます。 さらに悪質な場合であれば、これを警察やISPに提出し、追跡の資料となります。

「実際に取得している情報がどんなものか見たい」

あなたのアクセスから、得られる情報を   します(OSやブラウザの種類とIPアドレス)

最近のアクセスログ(オンライン解析)

※ログのインクリメントが面倒になったので2008/11/16にアクセス解析は止めました。

検索キーワード TOP10

サーチエンジンから来てくれた人が、どのようなキーワードで検索したか。
オンライン解析を見ていただければわかる通り、最もアクセスを集めているのは、 ワークス関連のページなのですが、検索キーワード自体は、 それほど面白くないので、ここでは割愛。雑録のアクセスのみ、ご紹介します。
 
雑録 TOP10
順位キーワード件数
1コウモリダコ1925
2弁天鉱泉935
3上高地894
4千葉883
5ばんや677
6IHOP559
7戸部動物園479
8湯布院477
9忠七めし448
10うぐいすライン395
 
あまり更新してない事もあってか、上位にドラスティックな変化はありません。 『コウモリダコ』、『弁天鉱泉』は変わらず。
ですが、やはり、Yahoo! のロボットが変わった事で、 『全日本紀行』がらみのアクセスには若干の変動が見られます。
『弁天鉱泉』はジリジリと『コウモリダコ』の牙城に迫りつつあり、 前回の伏兵『上高地』は最早、若手の域を完全に脱し、貫禄すら漂わせています。
 
『千葉』、『ばんや』、『戸部動物園』、『湯布院』、『忠七めし』と新顔が目立ちます。(因みに『戸部動物園』は『砥部動物園』の間違い)
『忠七めし』は前回もベスト20内にいましたが、 『千葉』、『ばんや』、『戸部動物園』、『湯布院』は急激な伸びでした。
その他の大きな動きとしては、初代チャンピオン『松平健』がついにベスト10圏外へ。 しかし第2代チャンピオン『IHOP』は、いまだにトップ選手として活躍。 キーワード界の天龍と呼びたいですな。
 
今後の伸びが予想されるキーワードは『千葉北鑑定団』、『上高地帝国ホテル』等。 今回12位の『マリンライダー』はまだ復帰の見込みあり、と見ました。

検索キーワード TOP10(前回解析時)

以下は前回解析時(2000/04/10 〜 2004/03/03)のTOP10です。

雑録 TOP10
順位キーワード件数
1コウモリダコ1457
2弁天鉱泉303
3IHOP274
4うぐいすライン172
5マリンライダー161
6コトドリ159
7上高地136
8プログレ132
9松平健116
10タカアシグモ98
 
いやー、どーですか。『コウモリダコ』の勢い! この長期政権はもー、破られる事はないんじゃないですかねえ。
前回9位『弁天鉱泉』は2位に浮上。 そして前回紹介のニューカマー『うぐいすライン』が、いい位置に着けてまいりました。
『松平健』は大幅続落。もはやジリ貧ですかねえ。
『マリンライダー』は小幅続伸と云ったところ。 伏兵『上高地』『タカアシグモ』がジリジリと台頭を見せつつあります。
 
しかし…実は『弁天鉱泉』『うぐいすライン』『上高地』の3者には、大きな問題が…。
Googleキャッシュから消えて、もう何ヶ月も経つんですよね。この事故?がなければ、 もっとハイレベルな攻防が期待できたのですが。残念です。
Yahoo! の検索エンジンが Google から 自前の Slurp に換わり、 何故か古いキャッシュが残っているので、その辺に期待です。
以上、前回解析時(2000/04/10 〜 2004/03/03)のTOP10でした。

検索キーワード TOP10(前々回解析時)

以下は前々回解析時(2000/04/10 〜 2002/12/15)のTOP10です。

雑録 TOP10
順位キーワード件数
1コウモリダコ132
2IHOP99
3松平健74
4コトドリ68
5高橋美華48
5大地真央48
6牧伸治44
7プログレ42
8マリンライダー39
9弁天鉱泉38
10マホガニーラッシュ35
 
初代チャンピオン『松平健』を破って後、磐石の長期政権を誇っていた『iHOP』でしたが、 ついに政権交代です。
新チャンピオンは、太古の時代より、この日を窺っていたであろう『コウモリダコ』です!
いやー、それにしても『コウモリダコ』、デビュー以来、破竹の勢いでしたねー。
TVで映像が流された時のインパクトももちろんでしょうが、 食玩ブームも追い風になったと看ます。
 
そして、これを追うは、ディフェンディング・チャンピオン『iHOP』と初代王者『松平健』。
しかし、その差は歴然です。『コウモリダコ』、まさに次代の大物!と言えましょう。
 
『iHOP』は英語で検索する場合と日本語で検索する場合があったのも敗因でしょう。 また、日本法人の撤退が知られるようになった点や、iHOP自体が忘れ去られつつある、 と言う悲しい現実も無視できますまい。
 
『コウモリダコ』以外にも、『コトドリ』『マリンライダー』『弁天鉱泉』と、 若手の台頭が目立ちます。
特にNHKで放映した直後の『コトドリ』の伸びは素晴らしかったですね。 NHKのゴールデンタイムの底力を感じさせてくれたものです。
 
その他、今後の更なる伸びが期待できるニューカマー。

以上、前々回解析時(2000/04/10 〜 2002/12/15)のTOP10でした。

このページの先頭へ
ホームページへ